カテゴリー: 映画

7月4日(土曜日)映画 一度も撃ってません

お休み。ひたすらだらぁ〜っと過す、引きこもりな一日でした。料理ってほどの物では無いが、ポテトサラダを仕込んでパスタをゆでる。キノコのパスタを作るが、ちょいと甘かったかな。普通に食べられたけどね。

九州の雨による水害はかなり深刻な物のようだ。俺が心配してもどうにかなるものでも無い。義援金を送るのが関の山です。だけどこの遠く離れた場所の水害だけでなく、日本の何処かで何かが起こってもおかしくないと思っている。去年の関東地方を襲った台風もそうだし、いつ来るか分からない地震もそうだ。以前なら九州で起こった水害…だったけど、こっちでは何が起きるのだろうか?と考えるようになった。何も起きない事を祈るだけだけどね。

安いからって、こんな物をがばがば飲んでいては腹が凹む事は無い。摂生しましょう。と言ってやらないのだけどね。

毎日来るメルマガで、街中で見たご機嫌な方々の事が書かれていた。コロナ禍によるストレスを抱えた方が多いのでしょう…そんな感じの事を言っていた。私もそう思う。私のように緊急事態宣言発令中でも、ほとんど生活が変わらなかった者もいる。それでも違和感を感じていて、ストレスは感じているのだ。それでいてそうでない部分もあります。具体的にはどう感じているか?嫌いな者に対して敏感になっているかな?具体的には煙草・FAX・特定の人間です。FAXに関しては関わりを持つ事はないのでどうって事ない。煙草はちょこちょこ感じる事ありかな。

SWIFT RSに乗って信号待ちをしている時に、歩き煙草の女に遭遇。こっちに煙が入ってくる勢いであった。窓が開いていたので、即効閉める。煙が舞い込んできたら怒鳴っている所であった。良くないね。信号が変わって発進したし、窓もすぐに閉めたのにいらつき感が残る。特定の人間に関しては、キリが無いので省略。

明日新宿武蔵野館で観ようかと思っていた、一度も撃ってませんが近所のシネコンでかかっている事が判明。レイトショーで観てきました。伊集院光とらじおとで紹介されていて、面白そうなので観てきました。石橋蓮司と大楠道代の夫婦役が良かったな。特に俺的には大楠道代って女優に引かれた。

でも俺にとって知ってはいるけど、それほどこの人の作品を観ているわけでは無い。中学生の頃だったと思う。痴人の愛という映画をテレビで観た。小悪魔的な役で、ちょいとお色気路線的な映画でした。調べてみたら、1967年の作品でした。内容はあまり覚えていないな。男に無心する感じの役だったと思う。

その後の記憶はあしたがあるからと言うドラマです。トレンディドラマ(死語)が華やかしき頃の、1991年の作品です。今井美樹のお母さん役だった。痴人の愛から一気に飛んで、割りと普通の役だったので覚えているのだ。

このふたつしか観ていないのに観たってのもちょっと変かな?昔の事だしね。でも今回観た一度も撃ってませんで何か引かれたんだよな。率直な感想です。

映画そのものは何か作り手の遊び心が感じられました、キャストも多彩で良かったですよ。豪華だ。(文中敬称略)

7月3日(金曜日)映画 MOTHER マザー

本日も平和に終了です。明日はお休み。月曜日もびっくりするくらいゆっくりな出勤。拘束時間としてはフツーな感じでよろしい。これくらいで、まともな収入が得られればいいのだけどね。全体の運賃が上がらないとだな。

本日の昼飯。タイミングが合うと行く弁当屋がある。この場所は曜日毎に違う弁当屋が出ていて、ちょっと凝った感じです。客層も青海近辺のビジネスマンがターゲットだな。同業者もいるがそんな感じです。サラダ付きで650円でした。

早く終わったし、明日は休みなので久しぶりにレイトショーに出かける。三密を避けるような座席設定をしており、時代を感じる。クルマにマスクを忘れて行ったら、チケットを見せる所でマスクをもらえた。やってる感はあるけどね。マスクは確保してあるが…

映画 MOTHER マザーを観てきました。実在の事件(埼玉祖父母殺害事件)がベースになっていて、おそらくほぼほぼ事実が描かれていると思う。一言で言えば、長澤まさみ演じるこの母親は病気なのかな?その言葉で片付けたくないけど、明らかに正常じゃないとおもうな。もちろん映画として観たので、その辺の感想。長澤まさみ・阿部サダヲのクソ人間ぶりが素晴らしい。観る価値ありです。それと仲野大賀も忘れてはいけないな。

さよなら渓谷・タロウのバカ・MOTHER マザーと大森立嗣監督の作品で観た三本です。どれも当たりだったな。監督で観る人かもしれない。(文中敬称略)

6月28日(日曜日)気になる案件をやっつける

スーパーに買い物に行った以外は引きこもりな一日でした。ラジオ・Amazonプライム・テレビな一日だったな。貧乏で安普請だけど快適な我が家です。そしてやっぱりラジオが一番だな。

Amazonプライムで観た、タクシー運転手 約束は海を越えては大当たりでした。ラジオで紹介されていて、気にはなっていたんだけど、劇場で観る事は適わずでした。実話を元にした話なのだけど、これは是非とも観てくださいね。お勧めの一本です。ソン・ガンホって良い役者なんだな。

2件ほど気になっていた案件をやっつけた。それほどの事でもないけどね。ひとつはCPAPの件です。寿命が来ているパーツの手配ですね。ここのサポセン(そう言っていいのかな?俺はそう思っている)は神対応です。ある意味当然なんですけどね。なぜならCPAPは健康保険が絡んでいるわけだ。それが大きい。これ以上は止めておくけど、今週中に諸々のパーツは届くでしょう。

もう一つはauひかりのモデムです。取り立てて不便はないが、契約当初からずっと同じ物を使っている。この間契約更新もしたいしね。それで新しいモデムに交換してくれないか?と問い合わせをしてみた。2009年からの契約だという事が判明。長きにわたる契約ありがとうございます…と言われて、3000円の手数料で最新式の物と交換出来るという。そこに長きにわたる契約に対する忖度はない。まぁ〜3000円の手数料で済むならと思い承諾。一応工事関係者が来るのかと思いきや、モデムそのものが10日以内に送られてきて、古い物を返送する形だそうだ。実に機械的でわかりやすい。良いんじゃないの?不便はないが、計測するとちょいと我が家のネット回線は遅い。これで改善するかな?

5月18日(月曜日)映画 クリーピー 偽りの隣人

本日も平和に終了です。GW明けから街に人が戻って来ている…そういう雰囲気が漂っている。実際そうなのでしょう。道路状況も一時よりはクルマの動きがあるようだ。俺自身は暇だけどね。それでいて今日は早く上がれたけど、東京港の並びはそれなりだ。相変わらずな日々は続く。写真は今日の晩飯です。半額の鰹です。私にはふさわしい食べ物である。

昨夜、ハードディスクの肥やしになっていた映画 クリーピー 偽りの隣人を観賞です。これも見逃した一本かな。期待以上の作品だったかな。香川照之の怪演っが良かったかな。俺は結構恐怖を感じた。

こういうサイコパスって言うのかな?と直接関わった事が無い。ただそれとは明らかに別物だが、自分にとってはそう言った人とだぶるキャラは何人も関わってきた。ちょっとそこが引っかかったか。ソロモンの偽証あとの藤野涼子が出演していた。これも良かったな。(文中敬称略)

3月31日(火曜日)映画 寝ても覚めても

本日も平和に終了です。今まで以上に暇になってきた。今日だって、ヤードの並びさえなければ、午前中で終わっていたな。ここが海コン屋のダメなところですね。本当に先が見えない。政府は今回の事を言い訳にして、ベーシックインカムの実験をしてもらいたい。予算を税金なんかで賄うのでは無く、現金そのものを刷ってばらまくのだ。全国民に10万円程度を3ヶ月配布しても、インフレにはならないと思う。これだけデフレが続いているのだからね。それこそインフレになったら絞めればいいんじゃないの?そういう状況だと思うのだがね。

写真は新大宮バイパスを上ってきてR254に突き当たった場所。昨日だったかな?この先、環七まで繋がったようです。ただし暫定的なので大型車は通れません。なので俺にはもうしばらく関係ないかな。

昨夜、日本映画専門チャンネルで録画した、寝ても覚めてもを観賞です。まとめて3本録画したうちのひとつだな。何も考えずに観たけど、俺的には面白かった。原作の小説が有るようだけど、こっちは読んでいない。読んでいないけど、映画そのものから小説感を感じたかな。主演のお二人は…野暮な事は申すまい。楽しめましたとさ。

3月29日(日曜日)映画 21世紀の資本 / もみの家

CPAPを装着して、たっぷりと睡眠を取った。完璧である。それでもこの陽気ならば、絶対に引きこもりになるパターンだ。でもそうも言っていられない。外出の自粛を要請されても、やらなければイケない事は有るわけです。

それに絡めてお参りです。こんな騒動の最中だと、この晴れやかな衣装もちょいと空しくなる。天気の所為もあるけどね。早く騒動が収まってくれないかなぁ〜と呑気につぶやいてみる。

本来ならここですぐに用事を済ませて戻る所だが、諸般の事情で時間を潰さなければならなくなった。一旦帰宅しようか?とさえ思ったのである。アップリンクが渋谷も吉祥寺も休館する事態である。でもヒューマントラストシネマ有楽町は営業していました。ただしイトシアの飲食店は全部閉まっていたけどね。

結局2本も観てしまった。一本目は21世紀の資本です。全部観終わって、難しくて理解出来ないとかそう言うのじゃない。言われればそうであって、そう思ってしまうから空しくなる。俺の人生は18世紀の奴隷よりは少しマシだって事なのか?いや、変わらないかな。

2本目はもみの家です。志乃ちゃんは自分の名前が言えないで蒔田彩珠とW主演した南沙良が主演です。終わってみれば単調でしたね。でも不思議な事に退屈しなかったな。結構楽しめたぞ。佐々木すみ江さんの遺作でも有るのかな。(文中敬称略)

肝心の用事は時間的にはあっという間に終了でした。街の様子は人の流れが深夜早朝の状態でしたね。銀座の名だたるお店は閉まっているし、完全に街は死んでいたな。それでいて映画館は、そこそこ入っていた。そういう物なのか。

明日の雪の心配をしたが、どうやらこちらは大丈夫です、横浜方面のリスナー仲間の家付近は、それなりの積雪が有ったようですけどね。浜松町で見た京浜東北線がこんな感じでしたとさ。

3月20日(金曜日)桜満開? / 映画 一度死んでみた

祝日なのでお休み。出かける元気も無いので、だらぁ〜っと過ごそうか?一応近所のシネコンの上映スケジュールをチェック。そのだらぁ〜っとな状態から出かけて来ましたよ。一度死んでみたを観賞です。

娯楽映画としてみればありです。失敗したとかそういう事はありません。衛星放送でも良かったかな?制作に河田町にあったテレビ局が噛んでいるらしい。そういう事か。ノリは納得です。しかし広瀬すずは、上映順で言うと、これの前がラストレターだ。ギャップがありすぎるな。画像は入口で配っていたチラシです。

帰りに桜の名所を歩いてきた。木や枝によっては満開かよ?ってなくらい咲いている物もありましたが、まだ見頃ではありませんね。早くもブルーシートを敷いて、宴会している人たちもいたけどね。来週末は散り始めているかな?もう一度この場所で写真を撮りましょうか。

日本映画専門チャンネルで録画した、響 -HIBIKI-を観賞。俺の中では当たり。何も考えないで録画しました。面白かったぞ。原作漫画が有るらしいけど、そっちは読んでいない。何で劇場で観なかったのかな?明日は仕事です。(文中敬称略)

3月18日(水曜日)Fukushima 50って…

本日も平和に終了。動きとしては通常通りな感じだ。ただやはり、動いていない感が漂っている。新型コロナウイルス(2019-nCoV)の目処が立つまでは仕方あるまい。一年か?二年か?

昨日の大竹まこと ゴールデンラジオ!で映画監督の若松節朗さんがゲストに登場した。Fukushima 50の監督さんです。のっけからこの作品には賛否がある…と言う事から入った。監督自らか。

そしてやはり昨日の火曜キックスでも、このFukushima 50について取り上げていた。プチ鹿島さんのメルマガに詳しいとの事なので、これを切っ掛けに購読の申し込みしました。よく解説されています。分かりやすい。

僕からすると何でこんなに賛否が問われるのか?って感じです。意図的にあそこをここを…みたいな話があるようだけど、受け手側がちゃんとしていれば、それほどどうのこうのと言う事かな?フクイチの事故が時系列で進行して行って、映画ゆえの演出があって…そういう感じです。総理を感情的に描いたってあるけど、映画の通りだったとしても、東電本店の動きを見れば、こんな物かな?とさえ思いましたよ。もし意図的に(俺自身そうは思っていない)何処かを悪と例えているとしたなら、東電の本店だな。印象としては本店のダメっぷりが残っています。映画の善し悪しを語るよりも、別の事に引っ張られるのはいやだな。

3月7日(土曜日)映画 Fukushima 50 / Hulu 同期のサクラ

休日出勤状態でした。午前中で終了です。道路、空いていたな。土曜日という事を差し引いてもだ。そんな状態で、待機時間にクルマ仲間のT氏から電話。後ろ向きな話しを沢山させてもらいました。まぁ〜そうだよな…と言う感じである。

昨夜からHuluで同期のサクラを追っかけている。日本テレビのドラマやバラエティーを100作以上無料配信をしている。コロナウイルスで事実上軟禁状態?になっている人たちに、自宅で楽しく過ごせるようにとの配慮らしい。Huluもここで取り込んで、会員になってくれれば宣伝費だからね。戦略としてはいいんじゃないのかな。

同期のサクラは何となくやり過ごしちゃったので、いつかどっかで無料で観られるようになったら…と思っていた。コロナウイルス効果で観られるようになったわけだ。ちょっと不謹慎な言い方だけどね。ま、しばらくこれで退屈しないかな。

レイトショーでFukushima 50観賞です。前評判通りの出来でした。無駄に感情を煽るような事はなく、冷静に感動的に観る事が出来ました。お勧めします。たまに自分で観た映画の、他人の感想を追っかける時がある。そのどれが良い悪いではなく、やっぱりこういうのは単なる主観なんだなと思った。某大物ミュージシャンが、ライブの出来について語っていた事がある。今日のはなかなかの物だった…と思っても、糞味噌言う人がいるらしい。またその逆も然り。なのでお客さんの評価は当てにしないようにしているとか。これに尽きるかな。私は楽しめましたという事で。

3月6日(金曜日)映画 星屑の町 / 酔うと化け物になる父がつらい

お休み。そのかわり明日出勤です。テアトル新宿と新宿武蔵野館をハシゴして、映画を2本観てきました。都営新宿線で行ったのだけど、本八幡駅周辺も人がいない。電車に乗っても乗車率が低い。マスクの着用率は高いけど、していなかったからといって、白い目では見られない。新宿の街ってこんなに歩きやすかったっけ?と思うほどこちらも人出が少ないのである。

イベントはみんな中止になっていて、そこにまつわる業界は相当苦しいでしょう。それでもってこの人出の少なさは、飲食業界にも相当なダメージだと思う。他人の心配をしている場合じゃないけど、どこまで落ち込むのであろうか?人が動けば金が動く…でもそれが滞っている。一部イベントが中止になった程度の話しでは無く、不要不急の外出を控える状態になっているのだ。武蔵野館のネット予約も当日からの限定で、一席明けて座席を選ばせるシステムになっていた。

映画から戻って来てマッサージに行ったのだが、客は俺一人。消毒をさせられて、体温まで計らされる始末だ。分かっていた事とは言え、街に出て自分で見てみると本当に身にしみて感じる物ですね。

映画の方はと言うと、まずはテアトル新宿で星屑の町です。20年以上前から舞台でやっている物ですね。それの映画化。舞台の方は観た事はないけど、以前リスナー仲間から聞いて知ってはいました。評判の良い作品です。予想していた通りの出来で、俺的には満足でしたね。あまちゃんを思わせる、のんの東北弁はより親しみやすくて観やすくしているかな?それともあざとい作りか?俺は良い作品だと思います。

酔うと化け物になる父がつらいは松本穂香目当てです。こっちは映画の出来がどうこうと言うより、酒乱の生態に目が行ってしまった。原作はネットでちょいと読んでいたけど、それもこれも吹っ飛んで、この酒乱のお父さんのダメさ加減に目が行っていたのだ。何人にかの酒乱と関わった事はあるけど、こんな質の悪い生き物はいない。クスリで暴れているなら逮捕してくれるけど、酒乱はよっぽどの事が無い限り、まぁまぁ…ってな感じだ。この映画でも、その雰囲気がいい感じで描かれていた。その分ますます、酒乱って生き物は…となってしまう。そしてこいつらは飲んでいない時はおとなしいのだ。俺にそう思わせたって事は、酒乱をよく表現出来ている良い映画って事だな。(文中敬称略)