カテゴリー: 休日

2月15日(日曜日)

CP+2015に行ってきた。この日しか行けないからね。出来れば、土日から土日の9日間やってもらいたいが、無理な相談であろう。今回のメンツは、なぎらさん・青汁さん・海苔太に俺の4人で回った。去年は予定していた日が、雪と東横線の事故がらみで、中止になった。なので二年ぶりだな。

今年は例年以上にナンパされまくった。もちろん俺じゃないよ、なぎらさんね。詳細は書けないけど、なかなか楽しいのである。以下写真をアップします。

最初はCP+と直接関係ない。東横線・みなとみらい線の横浜駅ホームドアです。設置はされているけど、運用はされていなかった。無粋だけど時代かな。

開発中で名前も無いのに、発表された途端、蜂の巣を突いたように騒ぎになったPENTAXのフルサイズ機です。ただのモックアップでしょうけど、PENTAXファンとしてはね。それから一眼レフである理由とは?

同じRicohのブースで撮影です。ダイモ鈴木さん絡みで、なぎらさんがナンパ?された。それに乗じて記念撮影です。カメラはあのRicohのTHETAです。これとCASIOのEX-FR10はセットで欲しい。スマホで済まされている中、ちょっと魅力的だな。

これはSONYのブース。中井精也さんの肝いりで作られたOゲージ。しかし車両に驚いた。九十九里鉄道の物です。鉄道部長のOさんとその話になりましたが、いやはやびっくりです。

どこのメーカーかも明かせませんが、まだ表に出せない商品を手にしています。むふふのふ。こういう場所に居合わせる事が出来ると役得?だよなぁ〜お供した甲斐があります。

早々に引き上げて、みなとみらい地区のいつもの店で反省会。河岸を横浜駅近くの、チェーン店の居酒屋に移して本格的な反省会。ここで別行動でCP+に来ていた、寫眞團の鉄道部長を発見。Facebookで行動がわかるのだから、なんとも現代的だ。お誘いすると、菊名まで帰りかけていたのに戻って来てくれた。嬉しい。さらに片付けを終えた、ダイモ鈴木(米粒を数える部長)が合流。熱い反省会となりましたとさ。

我が家から横浜に行くのは、当然総武快速・横須賀線を使う。最近、駅まではカブを使うけど、今回は市川駅までカブに乗って行った。市川駅での乗り換えを考えると、この方がよろしい。駐輪場は、本八幡駅付近のものに比べるとやや遠いけど料金は一緒。上手くやりますかね。ちなみにこの日は、行きはグリーン車で、帰りは三等車でした。グリーン車に乗る余裕は無いのだけど、電車に乗る前に尻がムズムズした。横浜までプラス570円で、良からぬことを回避できるのなら安い。それだけの事なんですけどね。

2月10日(火曜日)・2月11日(水曜日)・2月12日(木曜日)

2月10日(火曜日)

車庫の近くに7:00と9:00の分を、持っていく仕事からスタート。大抵は、どちらも同じホームに着けるのだが、今日は別々のホームです。一気に、持って行く事が出来た。倉庫も暇なのかな。それとも…

その後は、相変わらず暇モードで終了です。15:15帰庫でした。ヘッドの蛍光灯が、そろそろと寿命なので外して交換。蛍光灯そのものは2本で1000円少々です。暇だとこういう事をやろうかと思う。これはこれでありだな。

そんで持って、暇だらかやったもう一つの事です。カブのタイヤ交換。日記をさかのぼれば、何処かに書いてあるとは思う。でも何時、カブのタイヤ交換をしたか記憶にない。確か後ろだけを変えて、少ししたら前も変えようと考えていたのだと思う。

そのまま放置した結果、前はこの有様です。言うまでもなく、左がビフォーで右がアフター。ひび割れどころの騒ぎじゃない。裂けている。

後ろも同じ。両方いっぺんに変えたわけだし、それほど距離がかさむわけじゃない。3年後にまた交換することになるでしょう。ちなみにこのタイヤ、プレス用で少々お高い。前後で16000円也。3年持つのだから、お安いものか?

その前にこっちがあるな。ドラムブレーキのシューです。錆びている金属部分と、矢印が重なる場所が、ドラムブレーキのシューの限界だそうだ。故障じゃなくて消耗品だからね。クルマの維持に比べれば、鼻くそです。シューの交換の時に、レッグシールド(白い部分の風除け)も交換しなくちゃだね。

今回も、近所の自転車屋さんでやってもらった。最近少なくなったけど、原付も置いてある自転車屋さんってあったでしょ?あれです。あそこのオヤジさんは、なかなかだと思っている。キャブレターの分解清掃もしてもらったしね。メジャーなカブとはいえ、こういう修理やメンテナンスをやってくれるところって、少なくなっているよね。

翌日の仕事も無くなったので、観たい映画のレイトショーを探す。なぜか深夜食堂は観るのが大変だ。一番近いシネコンでやっていない。不人気な作品とも思えないが、上映館も上映回数も少ないように思う。で、結局見つけたのが、アリオ亀有に併設されているシネコンです。電車で行くと大変な場所だけど、クルマならあっという間だ。

作品の方は…テレビの延長と言ってしえばそれまでですが、テレビの方を見たことない人でも楽しめるし、その逆でもいけます。やっぱり、多部未華子さんと余貴美子さんの部分が一番目立ったかな。柄本時生さんと筒井道隆さんも気になった。筒井道隆さんは二十代の時から見ているけど、今の方が圧倒的にいいな。ま、何とか観る事が出来て良かった。

2月11日(水曜日)

早起きでもないけど、映画の時間に合わせて起床。慌ただしく出かける。観逃していた、紙の月です。場所はキネカ大森。この映画館には時々助けられるね。同胞が多くて、小さめの劇場は9割方埋まっていた。

やっぱり、この映画は宮沢りえでしょう。最初は美人キャラを隠した?状態で始まり、ある時期から、そこが全開になる。年下の恋人と歩いている時に、その友達とばったり出くわす。「もしかしてお姉さん?すごく綺麗」こんな内容の台詞があった。これ、結構残っています。

脇役も全て良い。以外と言っては失礼だけど、大島優子さんが良かった。そう言えば、子役からやっていて、演技には定評があると何処かで読んだな。欲張らず主役級を狙わないで…などと下世話な内容のくだりもあったけどね。他は言うまでもないメンバーなので省略。ダメな訳がない。

本当は映画の前に撮影するつもりだったが、出がけにバタついて、映画の後になった小便小僧様。今回はウルトラマンだ。毎度のごとくおきまりのアングル。ホームドア設置までこれで行こうか?今回は衣替えから時間が経っちまったな。

思うところあって、大久保駅周辺をぶらつく。ちょっと俺には難しいな。写真はインド人が焼いていた、カレー風味の焼き鳥。おそらく日本人向けと思われるな。

その足で秋葉原へ。ここでの目的はふたつ。LUMIX DMC-GM1の標準ズームが、修理から上がってきた。そいつの引き取り。保証書の事で、ちょいとスッタモンダしたが、無料で治った。去年の11月に買ったのだから、当たり前といえば当たり前だがね。

もうひとつは、中古パソコンの物色。今回はMacではなくWindowsです。条件はWindows7搭載で、RAMが2G。これをベースに他のスペックが極端に低くなければ何でもOKだ。あらかじめ、ネットオークションで市場調査をしておいた。2万円しないで落とせそうな感じでしたね。

奥戸商会君が福袋を買った付近のお店を、適当に物色。ゲットしたのがこいつです。TOSHIBAのDynabookです。テンキーまで付いた豪華な仕様です。さっきの条件はクリアしている。それどころか、光学ドライブまで付いている。これで13800円。2010年モデルらしいから、5年落ちか。妥当な金額と言えばそうだけど、俺の知っている範囲ではスペックの割に安かったな。一ヶ月の保証付だが、5年落ちのノートパソコンだ。夜店のカメであっても、文句は言えない。それよりもガラクタ状態の物を、使えるようにして売ってくれていると考えるべきかな。利益率はあると思うけど、俺には出来ないな。この時点では良い買い物です。

早速、Amazonでラジ録3Window版をダウンロード。ちょっと実験してみた。やはり、スリープ状態からの起動に問題があるようだ。もう一度設定等を詰めてみるけどね。

このパソコンの購入理由は買い替えです。ASPIRE oneでRADIKO経由で録音していた。今も比較的安定している。スリープ状態からの起動も問題ない。たまに機嫌が悪くて、いつまでも録音を終了してくれない時がある。その時はNexus7で録音した音源を使う。ただね、XPだからね。それと途中使わない時期があったけど、2008年12月の購入だ。そろそろね…

もう一台Macという選択もあったけど、並列で物を考える俺としては、それを避けた。5年落ちの中古パソコンが、どこまで使えるだろうか?

2月12日(木曜日)

10:00の市原からだから、比較的ゆっくり目のスタート。前に同じ会社のクルマがいて、それが終わってからのVAN詰め。俺の順番になったら、作業員が増えて一時間かからずに終了です。東京港に戻ってからも、さしてきつい並びには付かず、平和に終了ですね。

事務所によって、電話を交換してきた。左が旧で右が新。3年くらい使ったので、流石に色々やれている。買い替え時でしょうね。まぁ〜どうでもいいけどね。設定やデータ移し替えが面倒臭かった。会社の電話が一番使っているかな?明日は早い。

2月6日(金曜日)・2月7日(土曜日)・2月8日(日曜日)

2月6日(金曜日)

出勤したのは5:00。日の出前で、一番気温が低い時だ。SWIFT RSを置いてある駐車場まで、我家から2ブロック徒歩1分。その間、路面を確かめると所々凍っている。凍り具合を確かめながら、駐車場まで行って、SWIFT RSのカチンカチンになったフロントガラスを、スプレーでとかす。この冬一番の凍り方だね。通勤途中でも凍った路面上で、ガッツンガッツンブレーキをかけてみた。まぁ〜こんなものか。それが私の感想であり、身構えである。これは正解だったな。

出勤して城南島で差し替えて、足立の団地倉庫へ。荒川河口橋の上りで、ちょっと予想より大きな凍結箇所があった。それ以外は予想通り。立体や橋はそれなりの走りをしてクリアーです。

ところが、扇大橋の上でこの有様。俺が通った時点では、大したこと無かった。ただ路面状況からして、予想の範疇を超えた状態だったのでしょう。それでもこれは無いよな。あれだけ凍るって言ってたわけだし、そろそろと惰性で走っていけば、ここまではならない。よく頭の悪い精神論者が、腕がどうとか言うが、これってそれ以前の問題だと思う。酔っ払っていたのかな?

そして今度はこれ。大井の北部陸橋です。Twitterで情報は得ていたけど、何だ?こっちもである。このフェンスの倒れ方だと、こっち側から向こう側へ突き抜けたんだよな。どれだけすっ飛ばしているのか?だから凍るって言っていたし、どこから来たか知らないが、ここに来るまで凍結箇所を見ているでしょ?

事故ってのは明日は我が身だし、個別にどうこう言うのは嫌いだ。ただこの二件は、ちょっと首を傾げるぞ。今日はちょっと凍っている…そのくらいの身構えがあれば防げたはずだ。

取り立てて何も無かったけど、相変わらず下降線を辿っています。

2月7日(土曜日)

仕事を休んで病院。胃カメラ検査の予約を入れたり、皮膚科を紹介してもらったり、ちょっといつもとは違う感じで終了です。皮膚科は結構嫌な思いをしているからな。ただ今度は間違いないと思います。

ちょっとだけ早いけど、世紀を越えた鉄路 ~秩父鉄道~に向かう。場所は川口のSkipシティです。駅から遠くて不便な場所だから、当然クルマ。一之江駅までホッピー夫妻を呼びつけ、西新井に弘子姉ちゃんを待たしておいた。三者の自宅の場所を考えての行動です。

通り道なので、4人で増廼家さんに立ち寄った。えのきど商店街のステッカーは健在でした。年末にお餅を取りに行って以来か?ちょっとだけ仕事の邪魔をして、自宅に持ち帰るお土産を買う。こんなにちゃんとしたものがこの値段とは…相変わらず安過ぎます。隠れた名店だな。

さて、Skipシティのトークショーのポスターです。最初に短い映画があって、その後トークショーなんだけど、時間を感じさせず楽しませてもらいました。なぎらさんは、鉄道ファンじゃないのですが、返ってそれがよかったかな。それと司会の女子アナ、美人でした。ずっと観ていました。でも…以下省略。

終わってから、何故か御徒町の加賀谷さんで打ち上げ。俺としてはSkipシティの中にあるつぼ八が良かったんだけどね。鶴の一声で決まったようです。写真はお店からのサービス品。このマグロは凄かった。

2月8日日曜日

ほぼ引きこもり状態。デスクワークに専念するか。古い写真の整理から。面白いものも出て来たので、限定的なアップをした。こういう作業は地味だけど、思わぬ発見もあるね。

それからラジ録3 Mac版をゲットした。ラジ録2とは相性が悪く、Macでのradiko経由の録音はやっていなかった。それでも新しいバージョンを、購入に踏み切った理由は、radikoプレミアムに対応しているからです。早速実験に入ろう。明日の午後のまりやーじゅを、仙台の放送で録音してみる。ちゃんと動くかな?これが使えるようになると、凄く便利だ。以前、サッカー中継のおかげで、東京以外のネットしている局では、放送が聞けると言う状態の番組があった。そう言う時は、録音出来るからね。

お袋の部屋の蛍光灯を買いに、会社近くのホームセンターへ行く。夕方だったんだけど、本当はこういう時間に行きたくないんだよね。案の定、馬鹿が駐車場内の一方通行を逆走してきた。嫌な状況で交わしやがったからイラッと来る。もう少し上手くやれよ。こういう事を回避しながら、行動しているんだけどね。

2月1日(日曜日)・2月2日(月曜日)・2月3日(火曜日)

2月1日日曜日

早起きでもないけど、朝一の上映時間に合わせて起床。どうも今見たい映画の上映館や上映時間が噛み合わない。この調子だと、DVDで見ることになる作品が増えるな。

KANO 1931海の向こうの甲子園を観に行ってきた。最寄りのシネコンではかかっておらず、船橋ヘルスセンター跡地に出来た(いつの時代の話だ!!)、ショッピングモールに併設されているシネコンに足を運ぶ。9:40の回にもかかわらず、小さめのシアターは満員。上映館が少ないのと、口コミ的なメディアでの紹介が良い方向に向かったか?

作品は文句なしに良かった。ほとんど字幕のない日本語の映画だが、製作は台湾です。植民地政策を諸手を挙げて賞賛する気はない。だけど台湾と日本の関係は、この当時から良いものだったのだろう。台湾国内のシーンで、民族間の対立が描かれていなかった。もちろん、そういった事を取り上げた映画ではない。でも少なくとも、嘉農野球部の様な場所では、民族的な対立や差別はなかったのだろうな。俺が知っている限りでも、台湾って親日的だもの。

3時間、退屈しませんでした。人によって、色々観方はあるでしょう。俺は甲子園に向かっていく姿を通して、この時代の日本人と台湾の人々の関係性が好きだな。

このシネコンを飛び出して、とりあえず都内に頭を向ける。LUMIX DMC-GM1の標準ズームレンズを、Panasonicのサービスセンターに預けたい。幸い、日の出とかあの辺が空いていたので、難なく秋葉原まで辿り着けた。

Panasonicの対応はもちろん親切。ただ、レンズはお預けとなった。大阪の事業部に回して、そこで修理となる様だ。保証書を忘れたので、引き取る時に持って行かなくてはいけない。その辺のことも含めて、修理代の話をしたが、全ては大阪の事業部の判断となるようだ。そこいらの説明のしかたは、現代の企業ガバナンスに通じるものがあるのかな?

これを機会に常用レンズを、オリンパスの標準ズームに変えようかと思案中。現在手元にないので、SIGMA 19mm f2.8 DNを付けています。LUMIX DMC-GM1との組み合わせは、不恰好だけど案外快適。元々好きなレンズだからね。これでいいか。

ヨドバシで現像上がりを受け取り、国道6号君の働いている店でカメラバックを購入。元色が悪い上に、色が抜けているということでB品扱い。リュックではなく、思うところあって肩掛けタイプにした。7k也。

何時もより、早い会場時間のMANDA-LA2へ。何とか間に合いました。この模様は…写真は吉祥寺の駐車場で撮影です。初代シティだ。フェンダーミラーだぞ。ナンバーから言って、新車か中古車だとしても、この車が現役時代に購入したものでしょう。あちこちヘコミや傷があって、完璧な実用車です。コレクターズアイテムとか、博物館コンディションじゃありません。そこがいいな。

2月2日(月曜日)

ゆっくりと、車庫のすぐ近くの倉庫からスタート。ところが呼ばれない。こちらから問い正すと、ここじゃない裏の倉庫だと言う。ぐるっと回って全然違う道路から入る。これで住所が全く同じかよ!!結局現着してからも、すったもんだして、30分遅れでスタート。幸先が悪い。

この後もこの後で、ダメな状態が続く。何とか午前中に上組外側に返却。そこからA2に並ぶのだが、4時間だ!!真面目な話、港湾局相手に残業代未払い請求したい気持ちだ。暇な弁護士がこの案件をまとめて、海コン運転手の署名を集めてくれないものか?そんな事したら、交通事故で死ぬ奴が出てくるかな。

それでも暇だから早めに終了。ところが今度は事故だ。R357市川市塩浜の交差点で、軽のワンボックスが横転しているらしい。業務無線で情報が入った。本当に糞みたいな日だ。荒川河口橋を超え、環七から京葉道路のルートを選択しようと思った。でもゲートブリッヂからR357に入る所で断念。明治通りまで戻って、葛西の街中から環七に入ったとさ。暇モードなのにこの調子じゃやってられないぜ。

A2は中防から並んだので、その時退屈しのぎに撮影した写真を少々。日通の船。ここに国内線のフェリーが来るって話は聞いていた。実際に見たのは初めてです。

こんな風にシャーシが二階建てで置いてあった。こうやって運ばれて来たのでしょう。なんでもない風景だけど、見たことない人もいるわけです。それに時が経てば、俺が観ても面白いものになるかもしれないしね。

2月3日(火曜日)

昨日とは違う場所だけど、二日連続で車庫の近く。それも9:00に行けばよろしい。何とも温くて良いね。8:30頃つけて、担当者はまだいないという。コンビに行ってきますって言って戻って来たら終わっていた。

こんな感じの所です。二俣新町の駅前にある、コンビニまで歩いていった。大した距離じゃないし、15分くらいで戻った。終わるの早過ぎです。嬉しいけどね。

東京港と市川を往復しながら港の番人。暇モードだけど、変な並びにつかなかったから、ずっと運転している感じです。効率が良かったな。

新木場立体東向き。荒川河口橋に合流する所です。立体側を絞って車線を調整している。今まで左側を絞っていたが、今日からか?右側を絞るようになった。この部分での渋滞は殆どないからいいけど、河口橋の部分は一車線増やしてもらいたい。

全く関係ないけど、土人という言葉の使い方、いや、当てはめ方ができた。そうか、あいつは知恵遅れでも白痴でも田舎者でも無い。土人なんだ。そうか、それならば納得が行く。もう会う事も無いだろうけど、機会があったら、土人と言ってやろう。

2015.2.1-MANDA-LA2

1月18日(日曜日)・1月19日(月曜日)・1月20日(火曜日)

1月18日(日曜日)

アリオ亀有へ。かめありフェスティバル 100回記念スペシャル at アリオ亀有なるイベントで、なぎら健壱トリオ出演です。平たく言うと、ショッピングモールの一角でやっているイベントです。仕切りはあるけど、揚げ物の油の匂いや、子共が泣く声なんかして、環境は…

でもね、そう言うのを乗り越えて良い感じでした。防音は無理だけど、仕切りやその他のセッティングが良かったのでしょう。舞台の事は良く分かりませんが、混乱もないし、きっちりとそのスペースに収まってイベントが進行して行きました。

お客さんも真剣に聞いている人ばかりで、この手の無料コンサートなのに、レベル高いなと感じた次第です。撮影している間、騒々しさを感じる反面、それ以外は凄いなと思いましたよ。

なぎらさん以外の出演者も、慣れた感じ(事実このイベントに複数回出演している人もいた)で、お客さんのノリも良かったな。

そのアリオ亀有に行く途中に遭遇した、セリカxxです。ナンバープレートを見たら、流石にワンオーナーでは無いようだ。しかしこのクルマをこれだけ奇麗に乗っているひとは珍しい。フェンダーミラーだから前期型か?福臓くん、教えてくれたまえ。

そしてアリオ亀有の帰りの話。奥戸商会君の職場を冷やかしてきた。本人には会えなかったけどね。そんな一日でした。

1月19日(月曜日)

大した並びをしないで、午後からデバン。足利市でした。この時段取りを確認したら、太田のインターまで乗って来い見たいな事を言われた。高速代は出るって話だから、構わないけど…電話を切って30分もしないうちに、先方から私の携帯にかかってきた。やっぱり、館林で降りてくれと。そりゃそうだよな。あそこは北関東道を回っていくと、うんと遠回りだもの。あっという間にデバンも終わり、20:00前に帰庫です。こういう仕事で、遅くなるのはまぁ〜良いけどさ。毎日くだらない並びは頭にくる。港湾事情って本当にどうしようもないな。

午後のまりやーじゅにふたつ投稿したら、両方とも読まれた。ひとつは、前の日にアリオ亀有で行われたライブネタです。まぁ〜こっちは挨拶程度のことです。採用、ありがとうございます。

もうひとつは、ゲストの大林素子さんネタです。その昔、まっかちん仮面で大林さんの歌が流れたという話です。ミニモニ。のカバー?で企画物のデカモニ。と言う形で大林さんが歌っていました。これをなぎらさんが、褒めていたという話です。この話、番組中に随分と転がった。番組スタッフもデカモニ。の音源を探したようですが、NHKには存在しなかったようです。このネタ、大林さんも喜んでくれたので、私自身も嬉しかったな。

その後、色々思い出したり調べたりしてみました。確か、まっかちん仮面のこの歌大好きのコーナーだったと思います。通常はなぎらさんと、アシスタントのあおいさんで、テーマに沿って、好きな曲を紹介するというコーナーです。ただこの日は、スペシャルウイークで、嫌いな曲を紹介する日でした。なぎらさんは、こういう企画物は…そんな理由でデカモニ。を持ってきたんです。でも大林さん扮するデカモニ。の、歌唱力の高さにちょっとびっくり。これ良いわとなった次第です。

そしてデカモニ。で検索をかけて、また思い出しましたよ。“大きな私の小さな恋”というタイトルで出したシングルなのですが、番組で流したのはカップリングの“デカモニ。じゃんけんぴょん!”です。もっと早く気が付いていればなぁ〜なぎらさんにも根回し?して…そういうあざとさが無かったから、上手く話も転がったんでしょうけどね。投稿を採用されて、こんな風に転がるのが一番嬉しい。

約一年ぶりにハンドルカバーを付けた。ギガからクォンに乗り換えてから、素の状態で乗っていたが、やはりあった方が良い。足利からの帰り道、ちょうどその手の店が羽生にあるので立ち寄りましたよ。

ちょっと話はそれるが、俺のこの手のトラック用品店に全く興味が無い。興味が無いと言うより、近付きたくない。あの安っぽいヒカリモノが並んでいるのが、生理的に受け付けないのだ。正直言って金があっても買う物が無い。欲しいものがひとつも無いのである。そんなんだから居心地が悪い。俺にとって、これと同じような感覚の場所がもう一つある。ドン・キホーテの化粧品売り場です。センスの無さと、欲しいものが無いと言うのが共通項か?でもドンキの化粧品売り場は、女性から見れば、値段さえ合えば上手く活用出来るでしょう。俺にとってトラック用品屋は…みんなヒカリモノ好きだよなぁ〜俺は鯵と鰯が好きだけどさ。あっ、鯖も好きです。

購入したのはこれ。店員にサイズを聞いて、地味目な物をチョイス。やはり、これだけはあると良いな。トラック用品屋で売っているもので、唯一と言っていい俺が買うものです。

1月20日(火曜日)

特別な動きはない。最後にKGTTに並んだけど、一時間少々で出てくる。ようはこれだよ。その前の中坊住友返却は二時間並んだ。これも???だけど、この業界にいると、二時間で済んだと思ってしまう。それはそれで困ったものだ。だけど、最後のKGTTの並びがこれで済んだわけで、そうなれば、それなりに早く帰ることができるって話です。

今更ながら、DVDでスイングガールズを鑑賞。 これは2004年9月公開の作品です。見逃した映画の一本だな。当時、相当ヒットしただけあって、なかなか面白かったですよ。そしてこの映画が公開された当時、俺はあの悪魔のような日野のヘッドに乗り始めた時だった。酷い配車で良く働いたよ。これは単なる愚痴ですがね。

1月11日(日曜日)・1月12日(月曜日)

1月11日日曜日

東都寫眞團 Tokyo/Japanの新年会。年間のお題を提出して、2014年の成績が決まる。去年は思ったよりも票が集まったが、今年は撃沈。ギャップが激しい。結果、やっつけが多かったからね。

俺の提出作品はこれ。仕事の合間に撮ったものです。今年度最大のやっつけです。(-_-;)結果は言うまでも無い。

いつもの寸評風景。全体的にはレベルの高い会合だったか?俺が出したようなイルミネーションは以外と少なかったな。

新年会恒例のオークションです。俺が出品したのはRicoh XR500+50mmF2/トライX3本/ILFORD DELTA 3200(期限切れ)です。XR500はジャンク扱い。付属の50mmが市場価格はお安いけど、なかなかの名玉。これは実用品として出品です。トライXは値上がり前の物なので、お得感を演出したつもり。ILFORD DELTA 3200はちょっとだけ期限切れです。2700円だったかな?落札して頂きありがとうございます。

そしてこれは俺が落札したNIKON FM。NIKONの銀塩カメラを所有するのは初めてです。CIMKOと言うメーカーの28mmレンズが付いています。真太郎さんが出品したもので、2000円で落札出来ました。銀塩カメラが暴落状態とは言え、これは安いな。一度はフィルムを通さなきゃ。

1月12日月曜日

休日出勤です。戸田と車庫を往復するだけの仕事。何事も無く無事終了です。帰宅してラジオを聴き始めるが、お昼寝状態。何かダメダメです。

昨日セットアップした、我が家の新車のお話。シルバーカーと呼ばれる、老人用の乳母車だな。足腰が弱ったお袋用です。自転車に乗ったり押したりしているので、乗らせない為に購入です。自転車でこけて、クルマに轢かれたらたまったもんじゃない。お袋じゃないよ、轢いたクルマの方です。でもこれを押して轢かれたら、そりゃどこ見ているんだって話です。状況にもよるけどね。

折り畳み方と、安全装置を教えておいたので多分何とかなるでしょう。そしてちょっと驚いたのは、腰かけとしても機能すると言う事です。生きているうちは活動しなくてはいけないのだから、こいつと共にそれなりの動きをして下さいよ。

1月4日(日曜日)

10:00起床。復帰の度合いは7割くらいか?喉はだいぶ楽になったけど、腹の具合がね。今日で休みも終わりなので、雑事をこなす。

近所のショッピングモールの中にある、キタムラにプリントしに行く。東都寫眞團 Tokyo/Japanの新年会を兼ねた、年間のお題の提出作品である。今までの中で一番のやっつけだな。ちょっと自己嫌悪です。一応、後一週間あるから、諦めたわけでは無いけど…

写真はそのショッピングモール近くの、総武線の高架橋です。この総武線の線路が、踏切だった時代をかすかに覚えている。多分、昭和44年頃の事だと思います。2歳の記憶だな。

ショッピングモールは予想通りに凄い混雑。三が日は親戚の家に行ったり、そんなのが無ければ家でじっとしているでしょう。昨日辺りから、子供達もお年玉を持って友達と会うってな感じかな?そんなお年玉の話をしながら、つるんでいる小中学生が多かったな。

珈琲を飲む場所も無いので、映画館に併設されている、待合所みたいな場所に、プリントを待つ間避難。元々はちょっとしたお店のスペースだったのだけど、採算が合わないのか、お店はやっていない。混雑していても大体座れる事が多い。カウンター席なんかは、みんな寝ている始末だ。そんな中、老夫婦が年賀状を書いている。別にそれ自体は大した事じゃないが、何とも掛け合いが面白い。喧嘩をしているようでもあるし、ただ単に意見の食い違いのようでもあるしね。独り者の俺にはよく分からない関係だな。

一旦帰宅して会社へ。一応エンジンをかけて、切り離していたシャーシを繋ぐ。最長老の先輩ドライバー氏も出勤?していて、洗車をしている。短い時間ではあるが、一応念を押しておいた。別にこの最年長の先輩に、どうのこうのでは無い。確認事項だね。そんな事も含めて、今年はひと反乱どころでは無いな。2015年は色んな意味で、面倒臭い年になると宣言しちゃいます。

弟とお袋と一緒に飯を食えたので、色々昔話をした。お袋も随分と年老いたので、話せる時にちゃんと話しておきたいのだ。一番は親戚縁者の事かな。ま、これは横に置いとくとして…

近所だけど、あまり利用しないパン屋があった。そこはとうの昔に閉店しているので、今でも付き合いのあるパン屋さんでは無いし、そことは雲泥の差である事を記しておく。

本当に子供を馬鹿にしたパン屋だった。今でも覚えている事がふたつ。ある時、俺が肉まんを買いに行った。「まだ暖まっていないから、あと20分したら来なさいよ」こんな事を言われた。このやり取りは大した事ないように思うかもしれないが、何か凄く馬鹿にした言い方をされたのである。そしてこのオヤジが奥に引っ込む時に、ぼそっと言った。「そう言えば来ないよ」奥にいた女将に言ったようだ。子供心に凄く傷ついたし、何でそんな事言うのだろうか?ただ肉まんを買いに行っただけなのに。

何か、親にも言えなくて、悔しくてまた買いに行ったけどね。その時も「あっ来たの?」こんな感じだった。ここのオヤジは人によってだいぶ対応が違ったようで、絶対あそこに行かない派と、どっちでも無い派に別れていた。おそらく、定期的に朝食用の食パンを買ってくれるような家だけを、相手にしていたのだと思われる。

一番許せなかったのは、弟が何かを買いに行った時の事。「おつりが足らなかったら、また来てね」そう言われて、少ないおつりを持たされて帰って来た。近所だし、やたら事を荒立てるのが嫌だったのでしょう。本人にもう一度行かせて、ちゃんとしたおつりを貰ってきた。この事は今でも忘れないな。

私の記憶ではこのパン屋には、年が近い子供がいなかった。いたとしても上で、俺が小学校の時に、既に中学生とか高校生とか、そんな感じだったのでしょう。何か機会があったら、あの家の事を聞いてみたいな。もちろん、何かするって分けじゃありませんよ。どんな事情があったのか?純粋に俺が考えている通りなのか?

俺も年を取ったよな。こんな昔話…それも嫌な話ばかりを思い出すのだからね。忘れられない出来事は色々ある。

1月2日(金曜日)・1月3日(土曜日)

1月2日(金曜日)

完璧にだらけモード。午後から近所のシネコンに海月姫を観に行く。東村あきこさんの漫画はモーニングでは読んでいますが、海月姫はKissなる女性向け漫画雑誌に連載されていたため、読んでいません。だから素の状態で楽しめたかな。

以下備忘録のため、あらすじを転載します。

イラストレーターを志して上京したクラゲオタクの月海(つきみ)が住むのは、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート「天水館(あまみずかん)」。住人は皆腐女子で、みな実家からの仕送りのみで生計を立てる所謂ニートである。天水館に住む資格として「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」などというモットーを立て更には自分達を“尼〜ず”と称し、外部との接触を避けてまったりと楽しいぬるま湯のような日々を送っていた。

ある日、月海は行きつけのペットショップで、誤った飼育方法で死にかけているお気に入りのクラゲを救出すべく、店員に交渉を試みるも、生来の対人下手からうまく説明できずに相手にしてもらえない。そこに偶然通りかかった美女が事情を聞き、月海に代わってクラゲを助けてくれた。月海は深く感謝するが、誰が見ても見とれる程の美貌を備えたその美女は、実は近所に邸宅を構える政治家一族の次男坊であり蔵之介という名の女装趣味のれっきとした男性だった。

天水館や月海を気に入った蔵之介は、男子禁制であるため気が気でない月海の迷惑には無頓着ながらも一応男性であることを隠して頻繁に出入りするようになる。やがて、自分を醜く「普通の女の子ではないと」と思い込み、おしゃれには無縁な月海を美しく変身させる事に没頭し出す。言われるがままにおしゃれを施され、まるで別人の様に見違えるも不慣れさに戸惑うばかりの月海だったが、蔵之助の兄である修に初めての恋心を抱き、胸の痛みやとまどいを覚えるようになる。

そんな中、土地再開発による天水館取り壊しの危機が訪れる。大切な場所を失うかも知れず、かといって他に行く当てもないのに相変わらず他力本願で自分達の手で天水館を守ろうとしない、出来ない尼〜ずに業を煮やした蔵之介は「泣き寝入りかよ!」と一喝、デベロッパーの担当者である女狐の稲荷に対し「立ち退く気はない、我々が天水館を買い取ってオーナーになる」と宣言し、対立するようになる。

一旦帰宅して、レイトショーに向かうが、時間を間違えて撃沈。片道10キロ弱のシネコンまで行ったのだが、間抜けすぎます。そしてこのわずかな距離を運転しただけなのに、不快な事に3回も遭遇。クソババア、相手みて喧嘩売れ!!

そんな1月2日でした。

1月3日(土曜日)

本当に寝正月。10:00に起きて、また直ぐに横になる。これで体調は完璧に戻ったか?再び起きてテレビを点けると、去年の相棒元日スペシャルが放送されていた。何となくこれを観て、そのまま食事してローカル路線バスの旅を見続けると言う体たらく。以前にも観た事がある番組だが、これを観るようでは、相当な寝正月モードだ。

なんて否定的な事を書きましたが、この番組は色んな意味で凄いですね。伊集院光さんがラジオで取り上げているのを聞いて、チェックし始めました。蛭子さんの言動に、色々あるのが特徴ですが、今回はマドンナのマルシアさんもいい味を出していました。現代の他のバラエティ番組同様、もう少しテンポよく…と思いますが、その辺も許せる範囲かな?数字を取っているらしいから納得です。テレ東らしいよね。

明日には完全復帰したい。

1月1日(木曜日)

昨夜は、紅白を観ながら待機していたが、奥戸商会君がなぜか寝落ち。チャットは閑散としていました。その紅白で、中森明菜を見られたのは良かった。ただあれは本当に生だったの?そう思わせる映像でしたね。それと体調の方もイマイチみたいだしね。あの時代を知っている者としては、何としてでも復帰してもらいたいです。

今年は宣教師君が、露天商に転職してしまい、正月は書き入れ時なので休めないとの事。奥戸商会君と二人で秋葉原へ初詣…yanzuさんを誘ったら、来るとの事なので、飲み会から合流となりました。

その前に一人で浜松町駅ホームに、初詣?です。ホームドアが出来たら、こんな何気ないアングルも収められなくなるのでしょうね。

で、秋葉原で買ったものはこの2点。フラッシュメモリ4GとiPodのドックコネクタ付きUSB電源タップです。どちらも200円+税なのだ。今回は痛みが少なかった。

万世橋交差点のビルの中にある居酒屋で、ささやかな新年会。本当にささやかだけど。3人で日本の未来?を熱く語り、4時間で御開。帰りは本八幡の駅からタクシー。普通ならそんな贅沢はしないが、体調がイマイチだったからね。でもそのタクシー、駅前に全くいない。それほど待たずに乗れたけどね。でも聞けば、出勤している台数が極端に少ないらしい。タクシー目線の不景気は、俺達以上にシビアで愕然とする。京成八幡駅近くの八幡神社も、去年に比べて人出が少ないとか…

駅周辺の飲み屋事情も聞いてみたが、なかなか良いとこ付いているよ。優秀なタクシードライバーってこういう感じだよね。

このまま仕事が始まっても暇で、そのまま2月に突入。3月になっても、それほど持ち直さないかな?それが俺の勝手な見立てです。

新年会の前に観て来た映画の話。9:15の回のバンクーバーの朝日を観賞です。俺、こういう差別が絡んだ題材って好きなんだよね。以下備忘録のため、あらすじをWikipediaから引用します。

1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見てカナダへ渡った。しかし現実は、過酷な肉体労働や貧困、云われのない差別…という厳しさであった。そんな中、日本人街に野球チーム「バンクーバー朝日」が生まれる。体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位であったが、彼らのプレイは日本人街の希望の光となっていった。ある年、キャプテンに就いたレジー笠原は、偶然ボールがバットに当たって出塁できたことをきっかけに、バントと盗塁を多用するプレースタイルを思いつく。その大胆な戦法は「頭脳野球」「サムライ野球」と呼ばれ、同時にフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜く彼らの姿は、日系移民たちに勇気や希望をもたらし白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていく。 1914年 – 41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話をもとに描いている。

最後にチームのOBと思われる老人が出て来た。これは良かったな。

どうでも良い話題。シネコンから駅に向かう途中の、総武線ガード下にゆうづる公園なるものがある。こんな風にカンバンにいたずら書きがある。看板の向こうに見えるのは地域の集会所だ。ところがこの公園、何も無い。高架下のスペースに橋桁があるだけの公園です。

そんな状態の公園だけのひとつだけ、オブジェのように立っていました。何かの遊具の残骸か?これって上手く写真撮れないかな?

今年は色々ありそうだ。今まであまりにも大人しくしすぎたな。各方面に攻撃か?

12月31日(水曜日)

大晦日だからと言って、いつもの休日となんら変わらない。簡単に部屋の片付けを済ませて、さてどうしようか?今年はいつも以上に予定が定まらない。年を越してからやろうと思っていた、SWIFT RSとカブのオイル交換をやっつけた。

どちらも距離は出ていないが、SWIFT RSは7月、カブは6月にオイル交換をしている。まぁ〜昔みたいに距離を乗らないけど、半年に一回はやらなきゃね。

これまた例年通り。近所の喫茶店で年越し蕎麦を食べて、終了です。これからどのくらい集まるかは分かりませんが、ぼっちなチャットで遊びます。紅白見ながらね。良いお年を!!

2014振り返る。例年、柄にも無く振り返っています。その3

5月からEMOBILE 3G+LTE 10G規制。データ通信も事実上の従量制に移行です。今年はモバイルデータ通信の、転換期だったな。GL04Pでこのサービスを使っていた。何回か10Gを超えたが、128kまで速度規制が入るものでは無かった。ヘビーに動画を見なければ、それほどきつい規制では無い。それに加えてLTEの設定を外して、3Gで使う分には、その速度が確保されている。俺の中では不自由の無いものだったな。10月に2年縛りが取れるので、どうするかずっと思案していた。GL04Pの新規契約も残っていたので、それも考えたがやめる。結局、2年間は月額約2000円で使えるUQ WiMAXにした。約4000円払っていた、EMOBILEのデータ通信を圧縮したかったからね。

でもUQ WiMAXは、通信品質にやや問題ありだ。EMOBILEに比べての話です。使っている人間がいたので、その辺は大いに参考になった。一番がっかりだったのは、郊外に出た時かな。R16の外に行くと、ここでもダメ?そんな感じですね。地図を全てGoogle マップにした身としてはきついです。

そこで役に立ったのが、IIJmioです。UQ WiMAXを契約する少し前に、使い始めまし。下り200kと高速通信(クーポンと言う)が2Gが付いて、月々約1000円。細かな規制は省略するが、通話品質が抜群です。低速側で、radikoプレミアムがバッチリ楽しめます。ただ半日は良いけど、一日聞いていると低速側の速度規制に引っかかります。ここで上手くクーポンを使えばいいわけだ。ま、俺の場合はそこまでは使いませんがね。UQ WiMAXと上手く使い分けています。9月の終わりから使い始めて、2Gのクーポンをひと月で使いきらない程度かな。2年後、何に乗り換えるかは分かりませんが、IIJmioは契約が継続していると思います。

5月になぎらさんのライブを観に茨城に行った。水戸で一泊したのだが、某ブラック企業時代にお世話になった、私の師匠がやっている居酒屋に行きましたよ。料理が出来る事と、人柄を知っていたので、ある程度は想像出来ました。想像以上に良かったけどね。あ〜やっぱり力のある人は違うな。良い店だったなぁ〜

頭痛が酷かったので、MRI検査をしてみた。結果何も無かったけど、色々思う事あり。まかり間違っても、お袋より先に逝くわけには行かないからね。お袋の葬式だけは出したいです。