5月16日(月曜日)

A-3 韓進の返却に並んでいる時に、臨海トンネル東向きで事故の情報が入った。取りあえず関係なかったけど、下りてから→城南島→有料→事務所した→市川車庫の順番だった。結局大井から品川経由で帰る羽目になる。渋滞に並んで行っても大して時間は変わらなかったかな?巻き込まれたんじゃないからヨシとします。

帰宅してとと姉ちゃんの録画をみていると、大きな地震があった。21:23です。すぐにNHK9時のニュースに切り替えた。千葉県北西部で震度4と出ている。俺もそう感じたしね。気象庁のホームページでは、市川市八幡で震度3と出ていた。最初の縦揺れが嫌な感じだったな。

地震のメカニズムに関しては、学者様が何を言ったところで説得力が無い。予言じみた事とか、感みたいな物は嫌いだが、古来から大きな地震が日本にはあったわけです。東日本と熊本・大分の地震があってからは、より警戒していますよ。だからって、下敷きになったら終わりだけどね。俺が言っても影響力は無いから良いけど、ちょっと嫌な感じではありますよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日に引き続き、ボディーキャップレンズ BCL-1580 (15mm F8)の話。今日からGM1に付けて、色んな意味で標準レンズ扱いです。一日中、テキトーに記録写真を撮った感想です。ガサツな記録写真にはもってこいですね。ピントはパンフォーカスだし、露出は元々オートだ。ヒストグラムを見て、補正してやるのが構図決定以外の仕事かな?それでいて写りは侮れない。いや、必要にして充分以上でしょう。とっさに撮影したい時の歩止まりの良さは、このレンズならではか?

GM1D0366

近接撮影は0.3mまで行ける。このラジオの写真もボディーキャップレンズ BCL-1580 (15mm F8)で撮影です。AUXのコードも短くして、スッキリして。

GM1D0364

こっちは朝のデバン先です。GM1は標準ズームで完結しているよなと思ったものですが、それよりシンプルなレンズがここまで行けるとはね。正確にはレンズではなく、レンズ付きボディキャップと言うのが、OLYMPUSの言い分らしい。それはどうでも良いけど、トイレンズとかではなく、このような使い方ができるものですよ。

この秘密兵器の事で、赤城耕一さんとTwitterで絡むことが出来た。なんか、贅沢だったな。一応、標準ズームは携行しているけど、出番はあるのか?