11月21日(土曜日)

23日の休日出勤も無いようだし、午後の遅い仕事が付くか?と思ったらあっけなく終了。車検を通す骨シャーシを持って行ったが、そこで来週ヘッドのメンテナンスをする事にした。そしてそれとは別件で、東雲のUDへ行く。

大した事ではないのだけど、混んでいて時間がかかる模様。運転手控室に行くと、有明四丁目村のHG(レイザーラモンでは無い)さんがいるではないか。やはり修理で来ていたようだ。この人は、いつも糞味噌言っている、有明四丁目の住人とは違う位置にいるひとだ。あれやこれや昔話と言うより、事の真相を話す。って凄い事のようだけど、いかに有明四丁目村で流れている事がデマか?って話しがメインかな。

GM1C0222Provia100

カネの流れ、ことの経緯、HG(レイザーラモンでは無い)さんの所の一部の人間がどれだけ白痴か?そんな話です。中でも鬱病の話に一括。あの離島で、鬱病の話になった事をしゃべり出した。「あのさ、鬱病ってのは高級な病気なのよ。病気偏差値も高いわけ。HG(レイザーラモンでは無い)さんとだからその辺の話しは少しするけど、あそこでしゃべっても鬱病なんて理解出来る奴いないよ!!」と言い含めて起きました。俺の言っている事を理解してくれたようだが、鬱病クラスの高級な病気の話しは、相手を選ばなくてはいけない。風邪を引いたのとは違うのである。

GM1C0242Velvia50

会社の有志が餌付けしている猫。こいつの塒(ねぐら)は、隣の会社らしい。だけど餌を求めてやってくるし、一番人に慣れている。まずこいつに与えてから、他の奴にもやる。それが他の猫にも分かってきたようだ。そうだ、お行儀よくしていれば、均等に与えますよ。一斉にあげると、こいつの取り分が無いのよ。なので、こいつが食べている時は見ていて、後は所定の場所に皿を出しておきます。