5月22日(金曜日)

前日が遅かったからか?のんびり出勤です。葛飾区の某企業の本社でデバンです。郊外に倉庫を持っているらしいが、少ない荷物だったので本社に回したらしい。至極ちゃんとした会社で、トレーラーを呼ぶ事に関しての周囲への気遣いが流石であった。ちょっと狭い場所に行く時は、物理的にどう回れば入れるかと、タブーとされるルートに対して俺達は気を使う。(全く考えてない奴もいるけど)そんなスタートでした。その逆のところは書けないけどね。

GM1Y0080Velvia50

写真はそれとは関係のない千葉市内のデバン先。ちょっと特殊な場所で誘導してもらう。難易度は高くないが、知らない人が見たら、こんなところで…そんな場所です。

浜田省吾のNEW Albumが、遅まきながら届く。昨日届いていたけど、この日に開封です。このAlbumを発売に絡む、プロモーション的にラジオ番組をいくつか聞いた。僕が気になったのは、作品そのものの事(細かい事はよく分からないからね)より、「あえてパッケージングにこだわった」という話です。

様は音楽は配信の時代で、そのフォーマットは作り手側が選べないというのだ。そんな中でパッケージ物にこだわったは、ちょっと重みがあると言うか興味深い話です。山下達郎さんも、自身のラジオ番組で同じような事をしゃべっている。CD衰退。配信の時代…嫌だけど、そうならざるを得ない…

音楽マニアでも無いし、こだわりの少ない俺。レコード→CD→配信と変わっても、Albumと言うパッケージングは変わらないと思っていたけどな。そこも変わるのか…いや、変わってきているのね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中