11月27日(木曜日)

何時ものように、朝出勤してデバン。市原市から戻って来て、A-3 韓進返却でした。中防から並んで、バンプールの待機レーンに入る。でも昼休みをまたぐ事に…温い日常が続くのだ。この後、あれやこれややる事になるが省略です。

A-3 韓進に中防から並んだ時に発見です。後ろに並んでいるクルマは、空VANを港から港へ回送して、それを生業としているクルマでした。別に港にいれば、珍しいクルマではない。20フィートコンテナを二個積んでいました。ところがびっくり。何と後ろに乗っかっている20フィートコンテナが、クンロク(HQ)バンなのです。

横から見るとこんな感じですね。これに気が付いた私は、ドライバーに声をかけて写真を撮らせてもらいました。でもこのドライバー氏、自分で20フィートのクンロクバンを積んでいる事に、気が付いていませんでした。案外そんなもんかもしれません。事実私も、40フィートを積めばクンロクバンだと思っていますからね。

単独での写真も一枚アップしておきます。日本で一般的に見られる海上コンテナは、20フィートと40フィート。これは全長です。高さも2種類あって、ハチロクバンとクンロクバンと呼ばれています。全高が高いほうがクンロクバンで、黄色と黒のストライプが、上方の四つ角に入っています。

このクンロクバン、40フィートは珍しくないですが、20フィートは殆ど都市伝説みたいな物です。あの、有明四丁目村から海コン業界に入った時の話です。「20のクンロクってあるのですか?」そう、先輩ドライバーに聞きました。その人は引っ張った事があると言っていましたが、うちの会社で引っ張った奴は、他にいないのでは無いか?そんな風に話してくれました。

その後も色んな人に聞きましたが、20のクンロクの存在を否定する人はいません。ただ引っ張った人は皆無。見たと言う人も極少数。後は横浜と関西には一定数あるだとか、何か無い物じゃないのに、都市伝説的な話しか聞きません。まさに日本のコンテナ業界では、三毛猫のオス状態です。

実際問題、Twitterにこの写真をアップしたら、業界関係者の反応が結構ありました。そして最後にA-3 韓進のバンプールのスタッフの話です。「SITCは極稀に入ってくる」でした。やはり都市伝説では無く、三毛猫のオス状態なんですね。これを見られた幸せになる…そんな噂でも流布しましょうかね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中