11月10日(月曜日)・11月11日(火曜日)・11月12日(水曜日)・11月13日(木曜日)・11月14日(金曜日)

11月10日(月曜日)

車庫の近くから、温くスタート。午後から、久し振りに古河の車庫に差し替え。城南島を出たのが14:00過ぎだから楽だったけどね。夜、ドンパチした。(-_-;)

11月11日(火曜日)

朝は早かったけど、振り返ればこの週で一番楽だったか?19:00帰庫でした。日々、平和に仕事が終わる事を祈るのみである。

天王洲アイルの駅前で信号待ち。思わずシャッターを押してしまいました。希少車・珍車・名車のどの部類にも入らないでしょう。特に僕等世代にとってはなおさらの事です。5代目カローラレビン APEX TWINCAM16Vってやつですね、AE92と言う型式で、通称「キューニー」です。

よく売れたし、仲間内で乗っているヤツもいたし、身近すぎて振り返る事もなかったな。スーパーチャージャー付きのGZEとAE86レビンで筑波山に行った事がある。二人とも俺の友人で、軽く乗り比べようって企画だったかな?走り屋ではないけど、クルマ好きの俺。そんな俺の見立てはクルマとしてはAE92の方が断然洗練されて乗りやすい。AE86は文字通り一昔前のクルマって感じだったな。

デートカー的な要素があって、ナンパな印象と言うか、クルマ好きからすると面白みが無いと言った感じだったかな?そんな事言ったって、当時俺っが乗っていたのはRS13 180SXだけどね。Wikipediaで調べたら、いくつかの条件が重なって、残っている個体が少ないらしい。そんなもんかね。

写真の個体はドノーマルだと思う。多分オリジナルの状態じゃないかな?ツートンカラーで上級グレードだけど、スポイラーがついていない。ホイールもテッチンだ。こういう設定も時代を感じる。そしてオーナーと思しきドライバーは、ぼくと同年代の女性。それこそ免許取って直ぐに買って、そのまま乗っているって感じかな?そういう出で立ちのクルマ、好きですよ。ちょっとだけ良い物を見た感じです。

11月12日(水曜日)

夕方からまたしても古河の車庫へ差し替え。比較的早く出られたので、それほど大変な事でもない。21:35に帰庫でした。別に大した意味はないけど、写真は大井5号です。

一度も会った事はないが、まっかちん仮面時代から、投稿でラジオネームを知っている人がいる。都内に住むトラックドライバーだ。その方が午後のまりやーじゅに近況を投稿していた。半身不随の状態だとか。運転中に異常を感じて路肩に止めて、そこから救急車…GOBOHさんの一件も有る。薬を飲んで血圧は抑えているし、血液検査でもこれと言った異常は見られない。だけどこの頃頭痛が…

いつもとは違う病院を手配した。まぁ〜大事には至らないと思うが、まだ死ぬわけには行かない。この世に未練はないが、お袋の葬式は出したいからね。最悪なのは、死なないで無駄飯食いとして生き残る事だ。貧乏人の三箇条に接触する事だけは避けたい。狂うな、患うな、惚けるなである。

11月13日(木曜日)

何回も行っている大手の倉庫に行く。受付をして、担当者から必要な物を貰って出ようとした瞬間である。「受付、書かないの?」こんなような内容の事を言われた。この倉庫に出入りするドライバーだが、はぁ〜?である。まずは、受付簿に俺はちゃんと記入している。そして、この外来のドライバーが口を出す事ではない。凄くきつい言い方ではないが、別の何かを言いたいような感じである。

そんな事くらいでと、思う方々が殆どだろう。俺の知っている範囲では、この業界にいる独特のタイプである。見た物全てに正義を当てはめようとする奴とでも言えばいいか?とにかく関わりたくないので、早々と逃げた。もう少し近くにいるような奴だったら…退治しなくては行けないだろうな。

写真はA1・A2の待機レーン横にある倉庫です。ここで時間を食ったから、帰りが遅くなったのである。帰宅すると、サーバーを借りている会社から、データ転送量が1時間で規定の80%を超えたとメールが来た。それも二回もだ。大きなファイルを置いているわけではないし、何だ?サポートセンターにメールで問い合わせをしておきました。

11月14日(金曜日)

今週は毎日同じような動きをしていた。結構忙しかったけど、効率は良くないね。でも暇よりは良いでしょう。文句を言わずにがんばります。

サーバーの転送量の一件です。サポートセンターから返事が有りました。カナダから攻撃?されていたようです。理由は分かりません。

この日、初めて種村直樹さんの訃報を知った。徳大寺有恒さんの一日前に無くなられた事になる。自動車関係は去年の小林彰太郎さんに次いで、徳大寺有恒さん。鉄道の方は種村直樹さんも亡くなったか。皆一線を退かれていたとは思うが、個人的にはショックだし、それぞれの業界の歴史的な節目になったと思います。合掌だ。

種村直樹さんの本で、読み直したい物が有る。タイトルが思い出せず、これだろうと思う物を取り寄せ中です。(15日に書いています)早く来ないかな。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1411/14/news021.html

種村直樹さんと徳大寺有恒さんを、同時に語った追悼文?があった。書き出しの部分が凄く共感出来ます。鉄道ファンとエンスーって、案外共通点があるかな?

日テレを相手取って裁判を起こしている女性がいるらしい。以下日刊スポーツのサイトから引用。翌日の15日の紙面から引用と有ります。

日テレ、女子アナ内定取り消し訴訟泥沼化

来年4月に入社予定のアナウンサー内定を取り消された東洋英和女学院大4年生の笹崎里菜さん(22)が、日本テレビを相手に起こした「地位確認請求」訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁で行われた。日本テレビ側の代理人は出席しなかったが、請求棄却を求めて争う姿勢を示した。

56の傍聴席が埋まり、午前11時に開廷した。だが、日本テレビ側代理人(弁護士)の姿はなかった。笹崎さんも不在で、裁判長はすぐに笹崎さんの代理人、緒方延泰弁護士に次回期日を発表した。「1月15日。被告から、12月15日までには実質主張の書面を提出したいと通知がありました」。

一方で緒方弁護士は「12月に被告代理人の予定が入り、1月になったと聞いた。なるべく早く」と要望した。「内密に事前折衝をしたが、裁判所が内定を認める仮処分を決定しても、日本テレビさんが従わない意向を示したので、やむなく本訴した」。その上で「来年4月までに結論を」と笹崎さんの来春入社に向けて早期解決を主張し、約5分で閉廷した。

緒方弁護士によると、11年ミス東洋英和女学院の笹崎さんは昨年9月、同局のアナウンサーセミナーに参加。就職活動しないことを条件に「採用内定通知」を受けた。だが、今年3月、内定者研修で同局の人事担当者から、誤解される男性との写真の有無を問われ、「クラブでホステスのアルバイトをしたことがある」と申告。客と店員の集合写真があることも認めた。そして、5月に「アナウンサーに求められる清廉性にふさわしくない。セミナーで提出した自己紹介シートにクラブでのバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告だ」と内定取り消し通知を受けたと主張している。

対して日本テレビ側は、笹崎さん側と争う姿勢を示した。次回以降に具体的な反論をするとし、同局広報IRは「当社の主張は裁判を通じて明らかにさせていただきます」とした。閉廷後、緒方弁護士は小型カメラを持つ日本テレビ関係者も含めた取材陣に対応。「(期日延期は)引き延ばしかどうかは分からない。ホステスが清廉かどうかは好みの問題。間違いを撤回してほしい」と訴えた。笹崎さんは「いい結果が出ることを祈っています。お騒がせして恐縮しています」と話しているという。

[2014年11月15日7時23分 紙面から]

女子アナってのは狙われやすいから、こういう事も含めてもっと採用する側が調査しなかったのかな?そう思います。それとも今まではこの程度の事で、問題にならずにやって来られてたのかな。原告側が裁判に勝って採用されたとしても、日テレで上手くやって行けるとも思わない。ゲスな中年の勘ぐりとしては、貰う物貰って話題性を引っさげて、芸能事務所のアナウンサー部門に入るって所だろうかね。それはそれで、たくましいと思いますよ。真意と真実は何処にあるのか知りませんがね。どちらが勝っても…って感じです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中