12月28日(土曜日)・12月29日(日曜日)・12月30日(月曜日)・12月31日(火曜日)

12月28日(土曜日)

朝から病院。今年最後だけどさ・・・とにかく午前中はあれやこれやと忙しくしていて、何だかなぁ〜な感じです。午後からは慌ただしくMANDA-LA2に向かう。年に一度の年忘れオールリクエスト大会です。この模様は、後ほどアップしますよ。MANDA-LA2での一年はとてもよい一年でした。

写真はMANDA-LA2に行く前に、久し振りに近所の喫茶店での食事。タンシチュー絶品でした。

12月29日日曜日

昼近くまで寝ていて、ほとんど何もせずに過す。夕方から宣教師を誘い阿佐谷の番紅花へ。31日は営業しないとの事だったので、この日が最後となった。近所じゃないから、ちょくちょくは行けなかったけど、結構長い付き合いだな。12〜13年くらいになるか?家庭の事情で閉店と言う何とも淋しい限りの話です。個人経営の店が、営業をやめるって言うのはそれだけで残念で仕方がない。

この日のチョイスは、マトンのキーマカレーに野菜とたまごをプラスした豪華バージョンです。それプラスビーフカレーを宣教師と半分っこして食べた。腹いっぱいです。マスター、今までありがとうございました。<m(__)m>

12月30日(月曜日)

仕事です。仕事納めと言うよりも、仕事納め後の休日出勤と言った方がいいかな。多古町まで行って帰って来ました。少しでも売り上げをあげておかないとね。貧乏暇なしって言うけど、暇が無い貧乏は幸せなのか?そうは思いたくないけどね。

年忘れ すっぴん×午後のまりやーじゅ 夢のコラボ 9時間スペシャル!!の中継が16:00前から北千住の虎やさんであると言う。あの店内に入れるとは思わなかったけど、取り合えず行ってみたら入れてもらえました。

店内で、NHKの藤井彩子アナウンサーと忘年会トークの後、なぎらさんが生で“下町(まち)”を歌ってくれました。どこかで観た事のあるアナウンサーだなと思っていたら、分かりました。橋下徹知事がNHKの番組を遅刻した時に出演していたアナウンサーだ。北野高校の同級生って事でも話題になった。それにしても美人の上に北野高校かぁ〜無敵だな。

中継が終わった後、NHK色の濃い(当たり前だけど)忘年会へ突入。道谷愼平さんや津田大介さんもスタジオから駆けつけてくれて、華やかだったな。この日のなぎら一門は、かんちゃん・弘子姉ちゃん・俺の三人だけでした。

新たに壁にはこんなサインが出来上がりました。しかし贅沢だなぁ〜23:00近くまでいて、かんちゃんと親分を乗せて久慈川です。ここには塾長・ボボ青汁・ティアラ・海苔太ってな面々がいました。ちょっといてらくらくに顔を出して解散です。かんちゃん邸→船橋法典と来て終了。塾長・ボボ青汁夫妻はここからタクシーか?長い一日は終わったのである。

12月31日(火曜日)

昼近くに起床。ごちょごちょと雑用をこなして、軽く都内某所へ撮影に出かける。次回のお題のいい被写体を発見したので、Lumix DMC-G1+SIGMA 60mm F2.8 DN/PENTAX 645N(トライX)+67Takumar105mm/ME-SUPER+Provia(期限切れ)+28mm(アメ横カメラで貰ったレンズ)を従えてくるまで出かける。しかしいい被写体だけど、それをまとめるのは・・・

そこから川口のやまかがしさんの店、増廼家さんへ。無理を言ってお餅を分けてもらいました。二番目のお子さんで長女のKチャンが挨拶に来てくれた。すっごく大人になっていてびっくり。まっかちん仮面で、なぎらさんが行った時は鼻を垂らしていたのに・・・他人の家の子供の成長は早いって言うけど本当だな。次に会う時はお母さんになっていたりして。

帰宅して、近所の喫茶店で年越し蕎麦。毎年振る舞ってくれるのだが、なかなかのものです。天ぷらなんか良い感じでゴマの香りがしてさ。そば屋じゃないのに大したもんです。さて、柄にもなく今年を軽く振り返りますか。

仕事の話。

代わり映えしない日々が続いたと言えばいいのか?ヤードの状況は、去年より改善されているとは思うが、相変わらず並ぶ事に変わりはない。これだけ拘束されてこの売り上げか?と多々思うのである。港の状況がまともになれば随分と改善されるのだろうけどね。

それから具体的に腹の立つ事がいくつかあった。この世界に入ってから、少し大人しくし過ぎていたかな?あまり陰湿な方法で動きたくないしなぁ〜同じレベルで話しなんかしたくないです。

それから対顧客の事もある。こちらも詳しくは書けないが、第一印象がここに来て当たったと言う事か?そこはとにかくトイレが汚くて、管理が悪かった。飲食業界を少しだけ知っている俺としては、凄く気になっていたのだがね。俺の知らないところで、問題になっているようだしそれはそれでね・・・

クルマの話

去年の9月に納車されたSWIFT RS。去年大晦日の日記で書いた通りの印象に変わりはない。強いて言えば、乗り続けるにつれて、ますます気に入っているかな?フランス車に比べれば薄いけど、なかなかFAN TO DRIVEだと思います。まるっきりに実用車だけど、そんな側面を持っているSWIFT RSと長く付き合って行きますよ。12月30日に1万キロを超えました。

デジタルの話。

今年はNexus7を衝動買いした以外は、大した話題はありません。こんおNexus7はAspire oneと並行して、radikoの録音に役立てています。色んな意味で快適ですね。

MacもiPadも、もはや私にとって特別なものではありません。シロモノ家電状態です。そうは言っても、外に代わるものが無いと言う部分では、こだわりがあるのかもしれませんね。来年は少なくともiPadの買い替えをすると思います。多分、何の感動もなく、快適になったなくらいで終わりでしょう。デジ物はそいつを使って何をするかって所が大事です。

カメラの話。

「今年はカメラを買わない!!」などと言いつつ、屁理屈をこねていろいろ買うわけです。カメラじゃなくて、645だとか言ってね。では順を追って、書いて行きましょうか。

PENTAX 645 / 645N

最近では645Dなんていうデジタルの中判も出てきているが、言わずと知れた銀塩中判の名機です。プロカメラマンはかなりの確率で所有していたのではないかな?赤城さんも全盛期は二台持って、フィルムマガジンも多数持って・・・ってな事を言っていました。それが今じゃぁ〜情けなくなるような値段です。

2月に645をヤフオクでゲットした。ちょいと競り合って、割高になったけど頑張りました。一番の理由はPENTAX 67 用のレンズが付く、マウントアダプターが付いていたからです。67用のレンズも捨て値状態だからね。具体的な計画はなかったけど、買いだと思いました。これに標準レンズ75mm、120のフィルムマガジンと220のフィルムマガジンも付いていた。220フィルム自体絶滅危惧種状態だから、こっちはおまけかな。でも買った後すぐに、フジカラープロ400の220をゲットして使いました。このフィルムが生産中止で、無くなると聞いたからです。一度は役に立ったかな。

ちょいと使った感じでは、やはり中判のカメラっていい。そう思ったから、欲が出た。645Nをキタムラの通販でゲットして、645は本体と120のフィルムマガジンを付けて、オークションで売りました。

645NはAFだけど、レンズは最初に買った75mmのMFなので、フォーカスエイドが使えることくらいがメリットか?でもAFを使おうなんて鼻っから思っていない。一番良かったことは操作性の向上ですね。軍艦部の写真で比較するとわかる。Nの方はオーソドックスなダイヤル式だ。これが買い替えの一番の理由かな?

SUPERR Aみたいなこの方式も嫌いではないのだけど・・・やっぱりNの方がいいよね。相場的にちょっとだけ上だけど、それでも中判カメラがこの値段で買えるんだからさ。

ZENZA BRONICA SQの話。

645と645Nの買い替えの間に事件が起きた。ZENZA BRONICA SQ-Aをオークションで入札したとTwitterでつぶやいた。落ちる値段じゃないし、持て余すだろうから、参加することに意義があるってなノリで入札を入れたわけです。もちろん、他の人に持って行かれましたけどね。それにしても6×6版が、そんな値段かい!!

そんな事があった、数日後だったか数週間後だったかな?これまたびっくりした事に赤城耕一さんからメールが来た。“まだSQ-A落札してないよね?SQをワンセット差し上げます。”だって・・・(இдஇ; )

流石にまんまいただく訳にはいかないので、一応売買契約成立という形にしてもらった。SQ-Aじゃなくて、SQですよ。などと言われたが、僕にはこの差は無いに等しい。猫に小判、豚に真珠状態だが、学生の頃憧れていたカメラがこんな素敵な形で手に入るなんて・・・ひたすら感謝です。

さらに、赤城さんはこれにおまけをつけてくれた。67タクマーの105mmです。早い話、PENTAX67用レンズの初期のものになるのかな?ちょいとレンズが黄ばんでいて、Y2フィルター効果か?なんて洒落を言ってくれました。基本的にモノクロしか撮らないので、私にとってはなんとも嬉しいおまけです。おまけとは言えないくらいの物ですけどね。

67用レンズが捨て値状態だから、確かに中古カメラ屋さん的には価値がないかもしれない。そしてこの古い67レンズの黄ばみは、結構多いらしい。でも僕はこの黄ばみを、67タクマーの黄疸などと言って楽しんでいる。いやぁ〜マジで自慢のカメラとレンズです。

LUMIX DMC-G1の話。

TwitterでLUMIX DMC-G1が中古市場でお安くなっていることを知った。ちなみに私が買った個体は7350円。Panasonic製の標準ズームは在庫がなかったので、OLYMPUS製の標準ズームを一緒に購入した。こちらのお値段も7350円でした。発売当時は標準ズームセットで、8万円代だと思ったな。2008年10月の話です。

LUMIX DMC-G1が発売になった時の印象は、立派なカメラじゃん・・・でした。よく、家電屋が作ったカメラなどと言う人がいます。個人的にはコンデジも含めて、Panasonicのカメラは、カメラしているという印象しかありません。むしろ、初期のソニーのカメラは、電気屋のカメラって感じがしましたね。マイクロフォーサーズ一号機は、今でも立派なカメラだと思っています。

強いて言えば、このカメラが発売になった時に、カメラ雑誌に広告を打たなかったという裏話がありました。そこが、電器屋と言われてしまうところか?後にLUMIX DMC-G1を購入したユーザーは、カメラ雑誌の記事を見て買った人ばかりなので、それを知ってカメラ雑誌に広告を出したとか・・・世の中そんなもんよ。

LUMIX DMC-G1を買ってからというもの、こいつがメインカメラになりつつある。小さくて軽くて、じじいに優しい。それだけではない。SIGMAのレンズの存在が大きいかな。標準ズームでスタートしたLUMIX DMC-G1生活だけど、直ぐにSIGMA 19mm f2.8 DNを購入した。元々値段設定が安く、コストパフォーマンスが高い。さらに、デフレか?売れ行きが悪いのか?1.5K+αで買えた。売る方はたまったもんじゃないけど、こっちは飛びつきますよ。その後SIGMA 30mm f2.8 DNもゲット。こっちはさらにお安くなっていた。SIGMA 60mm F2.8 DNもゲットしたいけど、もう少し我慢だな。

こいつをゲットしてから、仕事中も持ち歩いています。いい買い物だったなぁ〜

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMをゲット。

かなり無理をして購入。絶対的な購入金額(約12万円)は高いが、だいぶ値崩れしていたので購入です。特殊な用途でしか使わないから、ネタはあまりない。ただちょいと使った印象ではなかなかのものだと思います。超望遠行きが主な使用目的だったから、SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMと比較した。こちらは実売価格が8万円弱でした。はっきり言ってこちらの方がビンゴなんだけど、私が囲っている?工作員?)^O^( によると、無理してでもSIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMの方がいいと言われました。元を取れる日は来ないけど、大事に使って行きますよ。今年もやっちまったカメラの話題でした。

それではみなさん、よいお年を!!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中