10月19日(土曜日)・10月20日(日曜日)

10月19日(土曜日)

三郷でT社長待ち合わせて広野町へ。ひろの童謡まつり(ひろのうたまつりと読む)の記録係として参加です。まぁ〜何というか、立場的には説明が難しいが、ここでは分かりやすくボランティアと言っておこう。

それにしても久し振りの旅行?だ。仕事であちこち行っているが、いつもキャビンの中だ。景色もバイパス・高速道路・工場・倉庫・・・現地に着いて、夜の街に出ることなんて無いし、昼飯だってコンビニか、せいぜいトラックが止められるそういう場所だ。遊びに行くわけじゃないけど、ちょっとワクワクです。ホテルに泊まるのも久し振りだな。

三郷から広野まで、常磐自動車道で二時間ちょっとです。当然俺が呼ばれたわけだから、運転して行くつもりでいた。でもT社長の運転で広野に到着。なんて楽なんだ!!待遇が良すぎる。

この日は仕込みがメインで、一部リハーサル。撮影をしながらT社長のレクチャーを受ける。それにしても仕込みの段取りがいいな。プロの仕事である。業界的にもかなり段取りがいい方らしい。

それから童謡の世界の事を少々。当然、この世界の事を全く知らない俺。T社長が色々教えてくれましたが、印象に残った事を一つ。童謡って色んな歌手の人が唄っているけど、童謡歌手にはかなわないって事でしょうか。当たり前だけど、この日のリハーサルだけでもよく解りました。写真はそのリハーサル風景です。引きだからいいでしょう。

一通りの事が終わり、ホテルにチェックイン。ワンシントンホテルです。この手のイベントの規模からいったら控えめなランクらしいが、場末のビジネスホテルを渡り歩いてきた俺からしたら一流ホテルです。部屋のテレビはアダルトチャンネルなんかもあって喜んでいたら、有料だった・・・中学生みたいです。そんな事をチェックしてから食事会へ。

寧々家という居酒屋チェーン店だったが、ここはなかなかだったな。いい意味でファストフードでした。どうじゃないけど、あご足付きの仕事を堪能です。

10月20日日曜日

本番当日。またしてもT社長のクルマで現場入り。午前中がリハーサルで、午後が本番と言った段取りかな。プロの歌手の事は言うまでもありません。流石のひと言です。そしてアマチュアや子供たちに目が行きました。単純に言って、俺だってあの年頃だった事があるわけです。でもこういった舞台に上がる事はなかったし、関心もなかった。自分が全く通ってこなかった道を経験している子供たちがいましたよ。熱心な音楽の先生が多くいるのでしょね。

写真はオープニングです。これまた引きの画だからいいよね。一通り終わって17:30頃現場を出発。これまたT社長の運転で三郷まで戻って来ました。待遇が良過ぎる。最初は二つ返事でヒョイヒョイと付いて行った、仕事?だけど、いい経験をさせてもらいました。以下備忘録として記載しておきます。

第19回ひろの童謡まつり開催について
更新日: 2013年10月4日
ここから本文
第19回ひろの童謡まつりを下記のとおり開催いたしますので、多くの方々のご来場を心よりお待ちしております。
■開催日時

平成25年10月20日(日)
■開催場所

広野町中央体育館
■開演

13時30分から
※開場は、13時からとなります。
■出演

眞理ヨシコ(広野童謡大使)・稲村なおこ・西山琴恵・吉田夏子・若林秀和
篠崎仁美(ピアノ)・河野春美(ピアノ)
音楽監督・指揮:伊藤幹翁 構成演出:牛山 剛
■参加団体

・合唱団シャンテ(静岡県伊東市)・瑞木小学校(埼玉県三郷市)・小野新町小学校(田村郡小野町)
・MJCアンサンブル(南相馬市)・楢葉南・北小学校(双葉郡楢葉町)・大熊中学校(双葉郡大熊町)
・合唱団めじろたち(双葉郡広野町)・広野幼稚園(双葉郡広野町)・広野中学校(双葉郡広野町)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中