6月24日(月曜日)・6月25日(火曜日)・6月26日(水曜日)・6月27日(木曜日)・6月28日(金曜日)

6月24日(月曜日)

通い慣れた匝瑳市のデバン。今日はちょいと違うルートで行ってみるか。R126ではなく、R51からR296のルートです。結果距離も時間も変わりなかったな。むしろ走りやすいくらいだった。これからはこっちにしようか?

暇なのは相変わらずです。早く終わったので、ハッスルしてきました。

日曜日の東都寫眞團 Tokyo/Japanの会合で、赤城耕一さんにNikon COOLPIX AとRICOH GRについて伺う。カメラ雑誌の読者ならば、相当うらやましいことでしょう。自慢しちゃうもんね。ただし内容については言えません。最終的な部分で俺は口が堅い。ちなみにネガティブな事は聴いていません。なので、俺が思う両者の比較?と言うか率直な感想です。

もし私がどちらかを買ったとする。性能的に不満を漏らすことはないでしょう。ましてや俺の撮る写真で、何がどう違くなるというのでしょうか?どんなカメラにも当てはまりますが、こんなもんですよ。それが大前提で、あれがいいこれがいいと言っているわけです。

ただね、明らかにこの両者は失敗作と成功作だと思います。もちろん、RICOH GRが成功作です。過去の自社商品のブランド力を使って、カメラ好きの心をくすぐっている。センサーの大きさも含めて、デジイチユーザーをバッチリ取り込んでいるよね。センサーの大きさはニコンも一緒だけどさ。まさに一番大事なことを押さえている感じがする。

それに比べてNikon COOLPIX Aは・・・まずはCOOLPIXの名前を付けたのが良くない。コンデジの中の一番上みたいな感じです。実際そうなのかもしれないけど、せっかくAPS-Cサイズのセンサーを付けたのだから、コンデジとは切り離した位置付けにすればいいのに・・・本当にNikonは商売が下手糞だ。ミラーレス機を出した時もそう思ったけどね。

かつてのレンジファインダーカメラを彷彿させるような物を出すとか、もっとやり方があるんじゃないの?デジイチのラインナップはまぁ〜いい。それこそコンデジなんて物も、うんと絞ってちょいと高級路線に行けば?バイクメーカーのカワサキはスクーターを作らない。それと同じようなノリでもいいと思うのだけどね。ま、外野は勝手な事を言えるわな。

6月25日(火曜日)

まったりゆっくり。これと言って何も無しです。

6月26日(水曜日)

相変わらずこれと言って何も無し。

6月27日(木曜日)

一通り仕事を終えて平和島で給油&シャワー。シャワーは随分待たされたな。そこから有明四丁目村で引っかけて、新潟行き。高SAで食事して、谷川岳SAで仮眠。それで終了です。

6月28日(金曜日)

石打であっという間にデバン終了。チンタラ戻って来て返却と取り。まぁ〜何とか終了ですね。

一旦帰宅してスイフトのオイル交換。作業時間がやたらとかかった。何でだ?前回の余りオイルを使うように指示を出すが、作業途中で俺のところにやって来て「3L缶じゃ足りないんですけど・・・」何て抜かす・「だから余りオイルがあるでしょ!!クルマ渡す時言ったじゃない!!」何だかなぁ〜・・・大丈夫ですか?そんな日でした。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中