4月16日(水曜日)・4月17日(水曜日)

4月16日(水曜日)

結構走った一日。毎日このように仕事があれば良いのだが・・・城南島から車庫に戻る時に、浦安と市川で二箇所事故があった。だいぶ時間のロスをしたな。

Twitterで知ったのだけど、今の時代如何なものか?日経の記事を引用します。

都営地下鉄を24時間運行 3大都市圏に特区検討  :日本経済新聞
日本経済新聞社の報道によると、政府は地方経済の振興に力を入れた従来の特区制度を見直し、「世界一ビジネスのしやすい事業環境」を目指して大都市への重点的な規制緩和や税制優遇に転換することを検討し始めたそうです。
これは17日の産業競争力会議で「アベノミクス戦略特区(高度規制改革・税制改革特区)」の事例として示される23項目の中に含まれているもので、すでに自治体の首長と調整済み。
東京では外国からのビジネスおよび観光需要を増やせるほか、深夜働く社員が地下鉄で家に帰れれば企業の負担も減るなどの利点があるため、都営地下鉄や都営バスの24時間運行が検討されているほか、都心・臨海地域の容積率・用途規制の一層の緩和などが検討中とのこと。
また、大阪では公立学校の民間運営の解禁を求める声があるほか、愛知県では技術開発の促進として自動車の自動走行を公道で実験できるよう求めるとされています。
ちなみに都営地下鉄の24時間運行については累積損失の問題から東京メトロ側に慎重論があるほか、点検作業を考慮すると複々線化が必要になるなど、実現には一定のハードルがあり、金曜や土曜などの深夜限定運行も検討中。
実現すればかなり便利になると思われる反面、「終電」というリミットが無くなるため、ブラック企業と呼ばれる会社などに勤務する人々にとっては厳しいこととなりそうです。

昭和の終わりから平成の初めにかけて、新宿の居酒屋で働いていた。この居酒屋は客単価も高くて、おまけに客層も良かった。そして時あたかもバブルでした。その時代に地下鉄とJR(国鉄時代の国電区間)、そして私鉄も含めて24時間運転してくれることを願ったもんです。景気も良かったし、とにかく人が動けば金が動いた時代である。タクシーだって、電車が24時間動けば売り上げが上がると言われた。でも今はどうかな?

引用した記事にも書いてあるが、ブラック企業に勤務する人にとっては・・・バブルの時は24時間電車を動かせば、それなりにメリットがあったと思う。でも今はなぁ〜大晦日から元旦とか、特別な日でない限り必要ないと思うよ。俺は反対だな。

ボストンマラソンでテロと思われる爆発があった。これはいずれ明確になるでしょうけど・・・

4月17日(水曜日)

日本時間の昨日、ボストンマラソンでテロと思われる爆発があった。これはいずれ明確になるでしょうけど・・・今は何が絡んでいるか、全く分からない。何が起こったのかね。

これまた昨日、稲沢市で屋根に立てこもり?した男が捕まった。窃盗容疑で、逮捕に踏み込むところを、鍵を開けずに屋根に逃げたらしいが、自分の女を人質にしたらしい。でもって、この男が捕まったと同時に、人質の女も犯人隠避で逮捕されている。殺せとは言わないが、こんな輩こそ狙撃しろよ。付け上がらせるなと言いたいね。

東京での扱いはさほど大きくないようですね。産経新聞27面からです。それよりも今日は三宅島付近で、地震が頻発している。宮城県沖を震源とする震度5弱なんてのも起きているようだ。何か嫌な感じだな。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中