4月7日(土曜日)・4月8日(日曜日)・4月9日(月曜日)・4月10日(火曜日)・4月11日(水曜日)・4月12日(木曜日)・4月13日(金曜日)・4月14日(土曜日)

4月7日(土曜日)

大井7号の返却からスタート。土曜日モードで取ったり返したりの繰り返しです。それでも17:00帰庫でしたけどね。

写真は大井7号の並びで一枚。この季節は花粉症ってのがあって嫌だけど、桜が咲く。一門の花見もあるし、それはそれで楽しみなのである。

仕事を終えて小湊鐵道某駅までBXを走らせる。東都寫眞團 Tokyo/Japanのお題撮影です。いろいろな意味で、当て外れと書いておこう。まだ詳しくは書けないけど、今回は何カ所も撮影に行っているから、反省文はたくさん書けるな。

4月8日(日曜日)

なぎら一門の花見。俺は始発で現地入りして、ルンペン状態で泊り込みしている国道6号君と少年と交代だ。この二人には頭が下がる。これ以上ない場所を充分以上の面積で確保してくれた。ひたすら感謝です。

ま、俺も幹事みたいに思われているみたいだけど、この日は完全に外野です。漬物石状態で引き継いだ場所を、睨みを効かせながら守ったのである。こういう時に人相の悪さは役に立つ。

ロケーションはこんな感じ。東京スカイツリーと桜の角度がいいようで、俺たちの前でみんな立ち止まり撮影して行きました。

花はみなこんな感じで、まさに満開。これ以上ないと言うお花見日和だったね。

ちょいと無粋な張り紙。去年は一門の花見が中止だった。一昨年はこんな張り紙は無かったと思うのだが・・・常時民間の警備会社のスタッフが見回りしていて、無人の場所取りなんかをチェックしている。おまけに場所取りの間、ギターのチューニングをしていたら「演奏禁止ですよ」何て言われる始末でした。もしかしたら自粛ムードの去年、何か事件があったかな?そう勘ぐってしまう。

毎年恒例、増廼家さんのお花見セットです。美味いんだなこれが・・・今年もありがとうございました。

演奏中止に抗議したわけじゃないけど、“夜風に乾杯”を熱唱。人が集まってきて大変だった。それにしても贅沢。贅沢過ぎます。

この後某チェーン店で、二次会です。こちらも楽しく過せました。皆様お疲れ様でした。

4月9日(月曜日)

走行距離が300キロ近くなった上に、22:30帰庫でした。何も考えたくありません。

4月10日(火曜日)

翌日の朝着で見附市なので、夕方給油してそのまま走る。前日の帰りが遅かったので眠い。赤城PAでお泊まりでした。

4月11日(水曜日)

見附市のデバンは予定より一時間早く始まって、あっという間に終わる。報告のメールを入れると、返却せよとの業務命令が下された。藤岡まで高速を使い、その後また首都高に乗って帰ってきた。やれやれだ。この後は・・・昨日の分の返却で大井5号に並びましたよ。あ~・・・新潟から帰って来て、21:00帰庫です。ちょっときつかったな。

4月12日(木曜日)

朝は比較的ゆっくりだけど、八潮市のデバン先は話が通っていない。9:30と言うから手前で時間調整をして、頃合いを見計らって9:00すぎに付けた。前のクルマがまだいる。話がちゃんと通っていなかったようで、作業開始は10:00だって言うじゃない。狭い道路にどかぁ~んと待機です。で、順番が来たら来たで、入れるのに一苦労です。狭い・・・ストレスだ・・・

仕事のことは書きたくないが、こんだけ拘束されているとね・・・最後は番取りと交代でA3-HANJINでした。23:05帰庫。やってられねぇ~この業界・・・

4月13日(金曜日)

朝一は袖ヶ浦でデバンです。何度も行ったことがある場所なのだけど、担当者が変わった様でやたらと時間がかかった。今までの倍以上かかっているのですよ。ここの所ハードだから、後ろで眠れて良かったけどね。

そしてここは袖ヶ浦と言っても、アクアラインのすぐそばです。木更津金田から乗って行こうと、アクアライン脇の道に入るとなぜか渋滞。ちょっと走ると、所在無さげに女が一人立っている。看板を持っているわけじゃないけど、いかにもスタッフジャンパーってな物を着ている。嫌な予感・・・

こんな看板が立っていました。四方八方にアウトレット渋滞です。結果俺はそれ程時間を取られなかったけど、一番最初に見つけたスタッフらしき女は何だ?歩道に突っ立っているだけでなんの役にも立たない。俺みたいな意地悪な物の見方をするやつだけが、存在に気が付く。渋滞で動かないのだから、交差点近くまで行ったら、なるべく右に寄って詰める様に言って行けばいいのに。この女と言うよりも、上の指示が出来ていないのだろうけどね。アウトレット、混むの分かっていてそんなに行きたいかね。

またしても癲癇(てんかん)絡みで不幸な交通事故が起きた。栃木でクレーン車が、子供の列に突っ込んだ事故もまだ記憶に新しい。今回は事故を起こした運転手も亡くなっている。この時点で気になった記事があったので以下はNHKのサイトより抜粋。

取材に応じた藤崎容疑者の姉によりますと、藤崎容疑者は、10年ほど前に起こしたバイクの事故で頭に大けがをして後遺症が残ったため、その頃から薬を飲み続けていました。疲れがたまったときなどに5分間ほど意識を失って体がけいれんすることがあり、こうした発作は夜に多く、昼間に起きることはなかったということです。ことしに入ってから、発作が3回ほど起きたのを目撃した両親と姉が、車を運転しないよう説得していました。3日前には家族会議を開いて、車を運転する仕事をしないよう話し合い、藤崎容疑者は、「運転しなくても働き続けることができるか、会社に聞いてみる」と話していたということです。おとといには、仕事を辞めて治療に専念しても収入面で困らないよう、母親が付き添って地元の区役所に相談に行ったということです。藤崎容疑者の姉は、「弟は車を運転中に発作が起きることはないと自信を持っていたが、結局、こんなことになってしまいました。勤め先も、病気なのに無理やり運転させるようなところではないので、弟の会社への説明が甘かったんだと思います。家族の管理ができておらず、私たちの責任で亡くなった方々にどうおわびしていいのか分かりません」と涙ながらに話していました。

このNHKの記事だと、家族は運転をやめる様に必死で説得していた様ですね。でも結果は最悪なことになった・・・

栃木の事故の時も思ったけど、別に癲癇(てんかん)であろうが、何であろうが、薬などで抑えられるのなら運転することは問題ないと思う。栃木の件は薬の飲み忘れが原因の様だけど、それはそれで酔っ払いに等しいと思う。今回の京都の一件はどうなんでしょうか?とにかく大勢の方が亡くなったと言う事実から話を始めてもらいたいです。

4月14日(土曜日)

朝から鍼治療の日です。これは朝一に行けたので、それほど時間がかからずに終了です。この後、明日の東都寫眞團会合に提出する作品のプリントを頼みに行く。ここのところキタムラでやっているのだけど、今日はいつもと違うお店に行って来ました。デジタルプリントなのでその場ですぐに仕上がる。アナログプリントの現状も知りたいので質問してみた。店員さんはよく理解しているようで一安心。時間はかかるけど、俺がやってもらいたいプリントは、時間がかかるけど商品としてはちゃんと残っていました。

この後床屋やら買い物で、午前中は潰れた。午後からはずっとMacの前です。東都寫眞團 Tokyo/Japan関係の細かい作業を終えて、ラジ録2なるものをインストール。これは早い話、radikoを使って留守録をするアプリですね。必要なテストは終了しました。後は実際の留守録をちゃんとやってくれるかだけです。しばらくはOlympusのRadio Server VJ-10と並行して使います。

昨日ラジオの速報でも流れていたけど、一審で死刑判決が出た。写真は産経新聞から抜粋です。死刑判決が出たのだから、この木島佳苗なる女が殺害した事になった。本人は否定しているわけだし、今後どうなるのか?最高裁まで目が離せないな。

昨日の京都での交通事故の続きです。当初、癲癇(てんかん)による発作が原因か?ってな論調だったけど、どうやら違うようですね。前の車に追突した後、一旦バックしてアクセルを踏み続けて、信号無視で交差点に進入、そのまま歩行者の列に突っ込み、最終的に電柱にぶつかって停まった。そういう事らしい。容疑を殺人に切り替えての捜査も始ったようです。ますます解らない。この死亡した容疑者のお姉さんが、癲癇(てんかん)について語っていたのは何なのだろうか?下衆の勘ぐりか?そんな一日でした。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中