4月27日(月曜日)

7:00出勤。市川→浦安デバン→有明四丁目村差し替え→市川デバン台切り&デバン終了分回収→有明四丁目村差し替え大井・東返却→2号実入り搬出→事務所→市川。徒歩で出勤徒歩で帰宅。17:15帰庫でした。

朝が遅かったり、大井・東の並びで昼に引っかかったり、比較的楽な一日でした。明日のデバン先は狭いらしい・・・憂鬱だな。

道路の話。首都高速都心環状線から4号新宿線に入るルートがある。もちろん内回り、外回り両方から4号新宿線には入れるわけだけど、以前からかなり危険だと思っていた。

まずは↑の図を見てもらいたい。俺が手書きで書いて、スキャンした物を元にしているから綺麗とは言えない。まぁ〜でも概要はわかるでしょう。左側が現在の姿で、右側がちょっと前までの状態です。僕がこのラインの変更に気が付いてのは、3月27日です。

どちらの図とも、右側から合流するのが内回りからの物、左側から合流する物が外回りからの物です。現在の状態だと、各方向から一車線に絞って4号線に入るようになっている。外回りからだと左車線を走り、内回りからだと右車線を走らされることになります。環状線から分岐して、ほんのちょっと2車線になるってのも、良いんだか悪いんだか解りませんが、この合流の仕方は、首都高の構造を考えると、まぁ〜いいんじゃないの?ってなものです。

とりあえず今は解決したから良いのかもしれないけど、右側の状態の時は相当酷かった。僕が免許を取った頃はすでにこの状態で、少なくとも20年以上はこの状態だったのですよ。

どういう事かというと、内回り方向から来る車線が主流で、外回り方向から来る方が支線扱いになっていて、合流する形になっています。そしてこの外回り方面からの2車線は、一車線に絞られるような表示もなくこの図の通り、そのまま合流させられるのです。

そしてこの合流は死角が多い。おまけにどちらの方向から来てもこのカーブは、バンクが付いている。ちょうど合流の場所が頂上のような形になっています。

このバンクもドライバーからの視覚という点では、マイナス要因ですね。死角が多くなります。それでも大型車ならアイポイントが高いのでマシなのですが、乗用車で合流する時は本当に怖かったな。

首都高という名のお役所崩れの組織は、東京スマートドライブなるキャンペーンを張っている。これ自体は良いことだと思います。法令の部分には出てこない、運転方法やマナーを自覚させる運動は私が知っている限りではほとんど無い。大がかりな物は、日本では初めてじゃないかな?でもね、内容はお粗末だと思うし、やるならば取り締まりの方法も含めてやってもらいたいと思う。この構造上の欠陥を少しでも改良したことも含めて、具体的な事案をもっと出してみてはいかがですか?首都高さん!!まず出来ないでしょうけどね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中